After Effects 基本講座

出力のプリセットを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レンダーキューからの出力時に使用できる、細かなレンダリング設定のプリセットを作成する方法について解説します。
講師:
04:15

字幕

このレッスンではレンダリング設定と 出力モジュールの― テンプレートについて解説します それでは「編集」の 「テンプレート」という所を見て下さい ここに「レンダリング設定」と 「出力モジュール」というのがあります これらは主に AfterEffects から ムービーを書き出したり またこの表示が使われるとき レンダリングというのが必ず行われますが それに関する設定等が入っています ではまず「レンダリング設定」 これを開けてみて下さい まず「初期設定」という所ですが これらの並んでいる処理 それらが行われる時に― どの設定が使われるかというのが でています 例えばムービーの初期設定 これはレンダーキューから 書き出される時ですが 最良設定になるということです またフレームです 作業中の1コマ1コマの設定 これで解像度を変えて行ったり そういったものが反映されます そういった所がこのようにでてきます 基本的に通常はいじらないで 初期設定のこのままで構わないですが もし内容を新しいものを作りたいという時には こっちの「新規」というのを作ります そうすると新しく 設定を作れるようになっています 例えば「画質」なんていう所は 「最高」にしておくと きちんと設定どおりの絵になりますし 「ワイヤーフレーム」なんてのにすると もう絵がでないで仮の枠だけがでてきます 動きが速いので 例えばこの配置関係を見るときに― 「ワイヤーフレーム」を使う場合がありますが 基本は「最高」です その他に「解像度」を設定したり すべてのエフェクトをオフにした状態で 最終的に書き出すとか こういった所です 全部細かく設定することができます または通常こういったスイッチ類で 設定する― 「モーションブラー」とか ここでオン・オフすることもできますし 「フレームレート」なんかも 変えることが出来ます 設定が終わったら OK としておいて 設定名の所は「 Test 」としておくと 後から― 設定を選ぶ時に さっき使ったものを選ぶ ということもできます 特にこういった設定でこの状況は 初期設定にしたいというものがあれば 自分でテンプレートを使って それを初期設定にしておけば OK です 次に出力モジュールですが これはレンダーキューから書き出される ムービーですとか フレームの書き出しで使う場合など それぞれどういった形式にするか その設定です これも新しく作りたい場合には 「新規」とやっておいて 例えば Quicktime の ここは良いとして コーデックという 圧縮形式はどんなふうにするか とかです 結構重要な所として 例えばこの「チャンネル」 「RGB + アルファ」 なんてあります これとこの「色深度」 「数百万色+」となっていれば ムービー自体に透明の部分を残したまま 保存することもできます そんな設定もあるので もしそういったものを使いたい時には ここで設定を作っておくと 便利です これも名前を 「 Test 2 」としておけば こっちのテンプレートの― 所で呼び出すことも可能ですし または 「レンダーキュー」なんかで こういった所で 選択肢として出してきて 実行するということも可能です 特に AfterEffects を使いこんでくると 自分好みの設定というのがでてくるので それを毎回設定するのが面倒という時には 是非ともテンプレートにしておいて下さい このレッスンではレンダリング設定と 出力モジュールの― テンプレートについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。