After Effects 基本講座

RGB分解効果

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
映像の途中で、赤、緑、青の各チャンネルが一時的にズレるような、エラー風のスタイリッシュな効果について解説します。
講師:
06:39

字幕

このレッスンでは RGB 分解のエフェクトについて解説します ビデオの映像は RGB レッド・グリーン・ ブルーの光の三原色で構成されています それぞれを意図的にずらしてやると 面白い効果が出ることがあります それを実際にやってみようと思います コンポジション上に 1枚のレイヤーとなっている― 映像が編集してある結果です ここに一時的に RGB のズレを 作ってみましょう 特定の位置1行目でやってみましょう トランスフォームを開けて 「位置」にキーフレームを入れます 2フレーム程進んで意図的に このように位置にズレを作ります こんな微妙なズレです また2フレーム進んで 「リセット」をクリックすると 元の数字に戻ります こうすると一時的に映像がガクッとずれました ずれた時に下地の黒い所が 見えてしまうのは嫌なので ここで右クリックして 「エフェクト」>「スタイライズ」> 「モーションタイル」を実行して 「出力幅」「出力高さ」 これをちょっと大きくしておきましょう これだと違和感があるので 「ミラーエッジ」をオンにしておくと 鏡をおいたみたいに ここが埋め合わされるので 動いても違和感があまりない状態になります このレイヤーを2つコピーします Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Dを押すと複製されます 都合3つ複製します この目玉をクリックしておいて 1個目―さっきのものですが―は このずれ方にしましょう 2つ目のレイヤーに目玉を入れて トランスフォームの さっきの所ですね フレームをずらした所 ここにやってきて この位置をちょっと変更しましょう ドラッグで構わないので また違うずれ方にします 3つ目 こっちも見えるようにして トランスフォームを開けて これをまたちょっと違うずれ方をするように 変えます これで3つのレイヤーが 別々のずれ方をするようになりました ここにエフェクトの処理をします 右クリックして 「エフェクト」>「チャンネル」> 「チャンネルシフト」を持ってきます それぞれのレイヤーを赤緑青の 単色にしてしまいます これですね まず1個目のレイヤー 「赤を取り込む」「赤」を残して この「緑を取り込む」という所を「彩度」 「青を取り込む」も「彩度」にしてみましょう するとこんな赤だけの色になります この目玉をクリックして見えなくしておいて 次のレイヤーですね また「エフェクト」>「チャンネル」> 「チャンネルシフト」これにくるので 今度は「赤を取り込む」は「彩度」 「青を取り込む」も「彩度」にします すると緑になります 最後のこのレイヤーも 「エフェクト」の「チャンネルシフト」で 「赤を取り込む」は「彩度」 「緑を取り込む」も「彩度」にすると 青だけになります 青 緑 赤の各状態になりました この1番上のレイヤーの描画モードを 「加算」にしてみて下さい するとこんな状態となりました その下の2段目 これも「加算」にします すると普通のカラー映像になりました RGB それぞれが加算で重なると このようにカラー映像になるんですが そこでさっきの各レイヤーがずれる所に来ると このような状態となります これが パッと一瞬ずれて このような他の色が見えてしまうという― エラー的な雰囲気ですけど 面白いエフェクトになってるかなと思います このずれてるフレームを 他の所にもペーストすると たとえば5秒目にペーストして 今度は8秒目にもペーストします ほかのレイヤーでもコピーして 5秒目にペースト 8秒目にペーストします こっちも同じようにしてやります ペーストする位置を変えても 別のずれ方をするので構わないんですけど とりあえず同じようにやってみると ここでこのような効果があって 途中でまたこちらでも このような効果があって 最後にここでもこうした効果が起こると いうことです 特にこのスノボーのムービーのような アグレシブなものですね 一瞬カメラがショックを受けて エラーが出たような― こうした RGB のズレのエフェクトは 面白く使えるので 是非ともポイントで使ってみて下さい このレッスンでは RGB 分解の エフェクトについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。