Flash Professional CC 2015のアップデート

オーディオワークフローの強化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オーディオをタイムラインに直接読み込んだり、配置したオーディオをフレームで分けることができます。
講師:
04:54

字幕

このレッスンではオーディオの ワークフローに関わる新機能を 3つご紹介します 第1はオーディオファイルの 読み込み方です 第2はオーディオを分割する機能 3つ目はプロパティインスペクターの オーディオの同期設定です まず読み込みから入りましょう サウンドのレイヤーがあって まだここにはサウンドが配置されていません これまでのサウンドファイルの 読み込み方というのは まず「ファイル」の「読み込み」で ライブラリに読み込みます サウンドが1個ありますが これを選びます するとライブラリにサウンドが入りますので それをステージにドロップして サウンドを配置するという形でした もちろんこのやり方でも結構ですが もう少し手っ取り早くすることができます 一旦サウンドは削除します 改めてサウンドのレイヤーを 選んでおいた上で 「ファイル」の「読み込み」で 「ステージに読み込み」です そしてサウンドを選んで開きます そうするとタイムラインに直に配置されます ですからいちいちライブラリに読み込んでから それを配置するという二度手間が 1つで済んでしまうということです では2つ目 サウンドの分割です 例えばこの26フレーム目で サウンドを切りたいとします サウンドは切れるようになりました 但し注意が必要で 右クリックのこのメニューで切るのですが 「オーディオを分割」がグレーになっていて できません この機能を使う時の注意として プロパティインスペクターに 「同期」の設定がありますが これがストリーミングでないといけません そうすると改めて右クリックで オーディオを分割することができます そしてこの間に無音の領域を作りたいのですが 1つ手前に戻って 「空白キーフレームに変換」します そうすると空白が入りましたので この次のフレーム 2つ目の音の先頭のフレームを ずっとドラッグして 48フレームに持ってきます この間が無音の状態になります 確認してみましょう 第1フレームで 「制御」から「再生」を押します (ビデオの音楽) 無音の状態 (ビデオの音楽) もう一度見てみましょう 再生します (ビデオの音楽) (ビデオの音楽) ペンギンが動かないですが 実はムービークリップの中に アニメーションが入ってますから それを確認するためには 「制御」メニューから 「プレビュー」としましょう (ビデオの音楽) (ビデオの音楽) ペンギンが歩くようになりました そしてお気づきかもしれませんが このサウンドの始まり 前のサウンドが終わった所の続きを ここから再生することになっています これまでのワークフローですと こういう形にしたい時には 必ず元のサウンドに戻って編集する 必要がありました つまりこの間に無音を入れてしまうか サウンドを2つのファイルに分けて配置する そうすると後でちょっと調整したい時に またサウンドの編集に戻る とても面倒でしたが これでしたら一本のサウンドファイルのまま 編集することができます では3つ目 最後ですが レイヤーを1個追加します そしてここにまたサウンドを 読み込みたいと思うのですが これまでの形ですと「同期」が 必ず「イベント」に戻ります ですからまたストリームで 配置したいという時には 配置をしてから「ストリーミング」で 設定するということを やり直さなければいけませんでした けれども新しいバージョンからは 「読み込み」をします 「ステージに読み込み」で手間を減らしましょう そして同じサウンドを配置してしまいます 同じサウンドなので置き換えるか 置き換えないか どちらでも結構です とりあえずOKしておきましょう これでプロパティインスペクターを 改めて見てみると ちゃんと「ストリーミング」を 覚えていてくれます とても細かいことですが これでだいぶストレスが減りますね ではこちらは削除してしまいます このレッスンではオーディオのワークフローに 関する3つの機能 オーディオファイルの読み込み方が 新たに追加されました それから オーディオを分割することができます 3つ目に プロパティインスペクターの 同期設定が 覚えていること この3つをご紹介しました

Flash Professional CC 2015のアップデート

このコースではアップデートされたFlash Professional CC 2015の中から主な新機能を紹介します。関節の動きのようなアニメーションが作れるボーンツールやFlash PlayerとAIRおよびHTML5 Canvasドキュメントのパブリッシュの強化、その他ちょっと知っておくだけで作業効率が高まる細かな改善などについて解説します。

48分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。