Photoshop CC 2015のアップデート

レタッチツールの改良

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「修復ブラシツール」や「コンテンツに応じた移動ツール」の、最終結果のプレビューに関する改善点について解説します。
講師:
05:29

字幕

このレッスンでは 修復ツール系の 修正点について解説します Photoshop CC 2015 では これらの修復ツールに 何点も改良点が加えられています 大きいのは 動作スピードが 更に上がったことです その結果 便利になった部分を 見てみましょう では 拡大して 「修復ブラシツール」を 使ってみましょう コピー元はこのレンガの所です Mac の方はオプションキー― Windows の方は Alt キーを押しながらクリックして 取った後に ここに持っていくと このポインターの中身に コピー元が表示されています ここからドラッグすると このパターンを基に修復されます 動作を見ていてください 今 作業中です 既に CC 2014 とは 変わっているのですが お分かりでしょうか? もう一回やります ここら辺を取って― ここを修正していきます 実は 今 ドラッグしている間― 当然 マウスは押しっぱなしですが どんどん 作業結果が更新されています 実は CC 2014 までは― ドラッグしてマウスを放すまでは 最終的な結果が出なかったのです CC 2015 では プレビューが 非常に高速化されて― マウスを動かしている途中で どんどん最終結果が描画されます 例えば 作業していて あまり上手くいってない とか― いつもと違う時は すぐにマウスを放して止められます 以前は マウスを放すまで 結果が分からなかったので― 結果として 長い間ドラッグしてから 出来上がりが違うと UNDO して いっぺんに 戻らなくてはいけないので 面倒でした この CC 2015 からは もう結果が見えているので― 結果が上手くいっているかを 確認しながら進めて確定できます 途中で 意図と違う感じになったら その時点で止められるので― ロスを最小限で止められます 積もり積もると こういう所が大きいです 別のパターンもやってみます 背景をタブルクリックして 通常のレイヤーにします そして「イメージ」の 「カンバスサイズ」で― 高さを 5000 ピクセルにします そうしたら 上に余裕ができました では 「コンテンツに応じた移動ツール」を 使います 分かりやすいように 先に選択範囲を作っておきます 長方形選択ツールで この辺りに― 塔のこの辺りまでを 囲っておきます そして「コンテンツに応じた移動ツール」 これを使います 設定は「拡張」にしておきます では これをドラッグして 上に持っていきます そして ここら辺で― 左を基準にして合わせて マウスを放します 以前なら マウスを放した時点で 拡張が決まっていたので― ここからやり直しができませんでした この 2015 では ハンドルが表示されています ここから 任意に微調整できます そうすると― 拡張するのにピッタリ合うのが どこら辺か探れます こんなものでしょうか? この時点で〇にすれば― 更に処理が行われて なだらかにつながりました そして 選択範囲を解除します 3階建ての様になりました この様に 非常に簡単に 調整出来るようになりました 後からハンドルで微調整できますので 無駄なく作業できます そして この余った部分も 選択して― 「編集」「塗りつぶし」で 「コンテンツに応じる」にしておきます すると 空の部分も作成されて― 最初と全然違う感じになりました 塔が1階分 建て増しされて 高くなりました 非常に自然な感じに仕上がりました 修復系のツールは Photoshop で頻度の高いツールです 動作も早くなり 最終的な微調整もやりやすくなりました より一層 使い勝手が向上しています

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。