Photoshop CC 2015のアップデート

霧・かすみを軽減する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRaw上に搭載された、写真中の霧やかすみを、かなりの高レベルで簡単に除去することができる「dehaze」について解説します。
講師:
02:37

字幕

このレッスンでは Dehaze( ディヘイズ)の 機能について解説します 写真を撮っていると天候などにもよって このように霞(かすみ)が掛かってしまう 場合がよくあります 向こうの方がだいぶ不明瞭になっています 当然このような写真は修正不可能というのが 今までの常識でしたが 何とPhotoshop CC 2015では こうした従来どうしようもなかった霞を かなり軽減できる機能が装備されました ではさっそく使ってみましょう いま開いているのは通常のJPEG画像なので その場合には[フィルター]メニューの [Camera RAW フィルター]を使います もし元素材が一眼カメラで撮った RAWファイルであれば RAWを開いたときのCamera RAWも 同じです ではCamera RAWのインターフェイスで 開かれました そうしたら「fx」のタブに移動します すると一番上にDehazeという スライダーがあるので これを右方向にスライドしていきます すると この辺を見ていてください だんだんと天気が変わるように 霞が取れてきました そしてかなり強く行くと もちろん遠くまで行っているので ピントがずれてきていますが 霞はクリアに取れましたね 下からちゃんと山並みが出てきました かなり今回は強烈にかけたので 少しカラーノイズなどが乗ってしまったので その場合には この「ディテール」に移動して 「ノイズ軽減」を使います 「輝度」も若干適用した後に カラーのノイズ除去を強めにかけると ここにあった余計なノイズが ちょっと軽減されるかと思います これで[OK]すると このように使用前・使用後を比べると まるっきり違いますね このようにかなり深い霞・もやでも 多少被写体が見えている状況であれば かなりクリアに除去することができます これは大変使える機能だと思いますので ぜひとも試してみてください

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。