Illustrator CC 2015のアップデート

ツールの改善

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンツールと曲線ツールで個別にラバーバンドを表示、シェイプ形成ツールがフリーフォームで使えるようになったといった改善点を解説します。
講師:
04:21

字幕

このレッスンでは ツールの改善点について解説します Illustrator の各ツールですけれど 細かい変更がなされたものがあります ではまずですね 「ペンツール」と「曲線ツール」ですね これから見ていきましょう ペンツール もうお馴染ですけれど これですね 線を引いた時に 今ですね このラバーバンドというものが出て来ますね これでクリックすると どんなふうに曲線が出るよ― というラバーバンドですが これですね こんなふうに表示されます 一方曲線ツールもですね やはり同じように― ラバーバンドが表示されます このラバーバンドなんですが 結構 以前からの Illustrator ユーザーの方ほど ペンツールの時に出て来ると ちょっと違和感がある― という方も多いかもしれないです 私も実はそうです 以前は出なかったので これがペンツールで出てしまうと ちょっと違和感がある だけど曲線ツールでは 出た方が分かりやすいと― そのような方 結構いるんじゃないかなと思います これが2014 までは 一括して ON/OFF が出来たんですけれども OFF にするとペンツールも曲線ツールも 両方でOFF になってしまいました それが今回からですね 「環境設定」>「選択範囲・アンカー表示」 ここですけれど ここで「ラバーバンドを有効にする対象」が 「ペンツール」と「曲線ツール」 別々のチェックになりました なのでこれは「ペンツール」を外しておけば ペンツールを使う時には ラバーバンドが出ない 対して 曲線ですね 曲線ツールを使う時だけ表示される もちろん両方とも出る/出ない と 揃えることも出来ます このように使い分けが出来るようになりました より自分好みに変更することが出来ます ではもう1つご紹介しておきましょう ではまず長方形を作りまして そうしたら円を1つ書いておいて これを4つほどコピーしておきましょう ではこれをですね このツールです 「シェイプ形成ツール」 これを使って― 1つに合体させたいと思います これですが 選択されている図形ですね それらを結ぶことによって 一体化できるツールなんですが これまでこの一体化する時に 直線しか引けなかったので 例えばこの形状だと ちょっと無理があったんですね 直線でいっぺんに結べないという それが今回からこのように フリーフォームで結べるようになったので このようにドラッグしていけば いっぺんに形成できます これなんですが ここをダブルクリックすると 「選択範囲」 「直線」「フリーフォーム」と― このように分かれています 以前はこの直線の動きだったので― いっぺんに選べない形が どうしても出てきてしまったんですが 今回はフリーフォームが入ったので これを使えば 自由に このような形で作業が行われます もし以前の動作の方が良いと言う方は 直線にすれば以前と同じになります このように よりユーザーの好みに合わせた 選択肢が増えた形になります Illustrator ですね より機能もたくさんあるので より自分の感覚にしっくりくる方の動作を 選んで 使っていただきたいなと思います

Illustrator CC 2015のアップデート

デザイン分野に必須のツールIllustratorに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではGPUのサポート、自動保存の装備、クラウド経由でリンクされるライブラリ、各種ツールの改善などIllustrator CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

47分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月20日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。