Muse CC 2015のアップデート

レイヤーを効率的に使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー内でさらにオブジェクトの順番をコントロールしたり、名称の変更、ボタンを使っての選択などが行えるMuseのレイヤーについて解説します。
講師:
02:34

字幕

このレッスンは Museのレイヤーについて解説します Museのレイヤーはそれぞれ個別に オン/オフしたり レイヤー右端の四角をクリックすることで レイヤー上のアイテムを選択できます Photoshopのレイヤーなどと違って 1つのレイヤーの中にさらに オブジェクトが含まれていて 一種のグループのような構造になっています レイヤーの中のオブジェクトは 個別に選択できますし レイヤーを選んだ状態で 新たに例えばこのように シェイプを変えたりして配置すると 1つのレイヤーの中に 複数のオブジェクトが入って それぞれ個別に選択することができます またそれらをドラッグして 順番を入れ替えることもできます レイヤー自体 またはレイヤーの中のオブジェクト それぞれは 右クリックして 「名前を変更」を行うことで 名前の変更もできます それぞれのレイヤーの中だけで 完結するのではなく 例えばレイヤーをまたいでオブジェクトを このように移動することもできます また当然レイヤー自体も 丸ごと順番を入れ替えることができるので このように上下関係の入れ替えに関しては かなり柔軟に行えます 特にオブジェクトが入り組んでくると なかなか特定のものを選択しづらい 状態も出てきますが そういう時は こちらのレイヤー上のボタンを クリックすることで選択できるので かなりオペレーション上も確実な操作を 行うのに役立てることができます 特にPhotoshopやIllustratorの ユーザーの方は 慣れた感覚のレイヤーを使って Webデザインができるというのは 非常にアドバンテージになるかと思います CC 2015になって さらにPhotoshopや Illustratorなどのレイヤーに 近い感覚で使えるようになった Museのレイヤーを 是非とも活用してください

Muse CC 2015のアップデート

Webデザイナー以外でもスタイリッシュなWebサイトを簡単に作れるMuse CCに、2015年6月のアップデートでさまざな新機能や機能強化が加わりました。このコースではいろいろなWebフォントが使えるType Kitへのアクセス、コンタクトフォームなどのウィジェットの進化、レイヤーパネルの強化や自動ライトボックスなどを紹介します。

53分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月22日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。