Auditionエフェクト基本講座

Full Reverb

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Fullreverb」は、設定項目の多い高品質なリバーブです。特に「カラーレーション」で音質を調整すると、残響のキャラクターをかなり広範囲に変化させることができます。
講師:
03:05

字幕

このビデオでは「リバーブ」>「Full Reverb」について、解説します。それでは、早速立ち上げてみましょう。Full Reverb ですが非常に設定項目の多い、また音のクォリティも高い「リバーブ」です。例えば「プリセット」を選んで再生してみると非常にきめの細かい音で高品質なサウンドが得られます。Full Reverb の一番特徴的な部分なんですがこの「カラーレーション」というタブです。こっちに切り替えてみるとこの様なウィンドウがあってこれはイコライザーの様なグラフになってましてこれを動かすことで、残響のキャラクターを大きく変えることができます。例えば現在のものがちょっと軽快な軽い感じの「リバーブ」ですが例えばこれで低音の方を上げてあげるとより重い感じの「リバーブ」になったのがわかるかと思います。もっと極端にしてみるとこの様に、かなり「リバーブ」の色合いカラーをガラッと変えることができます。ここで細かく追い詰められることでほかの「リバーブ」に比べて自分の頭の中に思い描いたキャラクターを再現しやすくなっています。それでは、いくつか「プリセット」を聞いていきましょう。例えば「シャワー」なんていうものにするとお風呂場で響いている様なものですね。 こういう狭いところから「フットボールの審判員」なんていうものですと広いスタジアムの中であちこちに音がぶつかって反射しあう様な様子まで再現されています。その他「体育館」なんていうものはいかにも体育館の様なサウンドですね。こうした「リバーブ」なんですが音楽などに使う以外に例えば拍手などですね意外とマイクを通すと規模が小さく聞こえてしまうのでコンサートですとか講演会なんかの拍手を実際にホールで広がるように聞こえてるような感じを再現する為に「リバーブ」を掛けてあげる、てな使い方もなかなか便利に使うことができます。Full Reverbカラーレーションとあわせてぜひとも、使ってみて下さい。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。