Auditionエフェクト基本講座

Distortion

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ディストーション」は、音に故意に歪みを与えて、破壊的なサウンドを出せるエフェクトです。Auditionに搭載されているディストーションは、2つのグラフを操作する、かなり変わったタイプのディストーションです。
講師:
03:17

字幕

このビデオでは「スペシャル」>「Distortion」について、解説します。この「スペシャル」というカテゴリなんですがこの中のものは他のカテゴリにあまりあてはまらないエフェクトが収録されています。なので結構中身も働きもバラバラです。Distortion を見てみましょう。Distortion なんですがこれはですね音を歪ませる、わざと割れさせる為のエフェクトです。普通はオーディオの録音において音が割れてしまう歪んでしまうって、ご法度なんですが特にエレキギターエレキギターの音を作るのにこうした歪のエフェクトというのは対応されています。それだけではなく、例えば効果音を作るのにかなり便利なので様々な場面で使われています。では一度閉じて今回用意した素材なんですが「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」無線で通信してる様な声ですね。これだとただ普通の声で言ってるだけなんですがここに「スペシャル」>「Distortion」を掛けます。そして一度「デフォルト」にします。この Audition に入っているDistortion なんですが一般的なDistortionと比べるとかなり変わっています。 一般的な Distortion は大体どれぐらい大きくレベルをするかボリュームを上げるかの様なスイッチがあって、ノブがあってその数値を上げていくと段々音が歪んでくるというタイプなんですがこの Distortion はグラフをエディットする事で音を歪ませていきます。まずやってみましょう。「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」この状態だと何も効果がない状態ですね。ではどんどん変えていってみたいと思います。「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」結構変な音になってきましたね。更に「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」この様に、二つのグラフを変えていくとどんどん音が変わっていきます。例えば、これを適用して音量を多少整えると「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」「こちら本部。こちら本部。応答せよ。応答せよ。」無線機のスピーカーから出ている様な音になりました。 この要領で、例えば爆発の音なんかを迫力を出すとかそういった使い方もあります。これは通常のギターのエフェクターとも違うので様々な効果音を入れていじってみると思わぬ効果が出て面白いかなと思います。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。