Auditionエフェクト基本講座

Dopper Shifter

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Dopper Shifter」は、救急車が近づいてくる時に音程が変わって聴こえるような「ドップラー効果」を再現できるエフェクトです。ゲームやアニメ、映画の効果音に力を発揮します。
講師:
03:03

字幕

このビデオでは「スペシャル」>「Doppler Shifter」について解説します。Doppler Shifterなんていう名前だとなんか難しそうだなと思うかもしれませんが実は、このエフェクトの効果は皆さんよく知っている馴染み深いものです。では試す前にいま Audition に立ち上がってるこの素材ですねちょっと再生してみましょう。なんかブザーの様な単純な音ですね。なんてことはない「ブー」ってただの音なんですがではこれに対して「スペシャル」>「Doppler Shifter」これを掛けてみましょう。とりあえず初期設定のままでプレビューしてみると聞いて下さい。今何か目の前を通り過ぎて行きましたね。もう一度やってみると単純なブザーの様な音が、まるで目の前をレーシングカーか何かが通り過ぎて行くかなと迫力はあんまりありませんがそんな感じで、移動をしている様な聞こえ方はしたかと思います。この Doppler Shifterなんですがこの、段々物が近づいて来て目の前を通ってまた離れて行く時に音程が変わってるような聞こえ方をするこの効果のことを「Doppler効果」と言います。車のエンジンもそうですしわかり易いとこでは、救急車ですね。 救急車が遠くからやって来て自分の目の前を通り過ぎてまた遠ざかって行く。この時に、実際のサイレンの音はずっと同じなんですが段々音が変わっていってる様に聞こえるとそれを「Doppler効果」と言うんですがDoppler Shifter は正にその「Doppler効果」を生み出す為のエフェクトです。この様に、シンプルに前を通り過ぎて行くのもありますし色々な「プリセット」も入っています。例えば回ってるような効果もありますし移動の方向ですね。このグラフ上で物が移動して行く方向を設定できるんですがそれに沿った様なシミュレーションで音程が変わっていくという非常にリアルな「Doppler効果」のシミュレーションができます。ゲームであるとか、アニメであるとかまた、映画の効果音であるとかそういったところで例えば、戦闘機とか車とか、そういったものが実際に動いている様な非常にリアルな効果を出すのに面白い使い方ができるエフェクトです。これはかなり遊びどころが多いんじゃないでしょうか。ぜひとも使って頂きたいなと思います。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。