Auditionエフェクト基本講座

Vocal Enhancer

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Vocal Enhancerは、低音がごそごそいってるような録音状態の悪いナレーションなどに対し、低音をスッキリまとめるなど最低限の処理を、非常に簡単な操作で行えるようになっています。
講師:
02:29

字幕

このビデオでは「スペシャル」>「Vocal Enhancer」についてご紹介します。Vocal Enhancer ですが立ち上げてみると非常にシンプルなエフェクトです。動かすところが「男性」、「女性」「音楽」のチェックしかありません。では、どういう効果なのか見てみましょう。まずサンプルのファイルがあります。これを聞いてみると[Audition を使うとプロのスタジアムで行われている様な処理を」「自分のパソコンの上で簡単に行うことができます。」これはハンドマイクでナレーションの様な事を言ってる処理ですね。あまりよく撮れていません。特に低音の方がぼそぼそいってしまってあまり馴染まないような音質になっています。そこでVocal Enhancer なんですが「スペシャル」>「Vocal Enhancer」このエフェクトは、こうしたあまり状態の良くないナレーションなんかの音声をちょっと整理して最初の状態よりはナレーションなんかに載り易い様な状態に自動的に整えてくれるエフェクトです。では、まず、OFF にした状態でもう一回聞いてみましょう。[Audition を使うとプロのスタジアムで行われている様な処理を」「自分のパソコンの上で簡単に行うことができます。」ぜひ、ヘッドフォンとスピーカーの両方で聞いて頂きたいなと思います。 ではこれをVocal Enhancer をオフにして私の声なんで「男性」にして、掛けてみると[Audition を使うとプロのスタジアムで行われている様な処理を」「自分のパソコンの上で簡単に行うことができます。」どうでしょう。ヘッドフォンでご覧になっている方はかなり変わったのはわかるんではないでしょうか。ちょっとオンを押してみます。[Audition を使うとプロのスタジアムで行われている様な処理を」「自分のパソコンの上で簡単に行うことができます。」[Audition を使うとプロのスタジアムで行われている様な処理を」「自分のパソコンの上で簡単に行うことができます。」この様にオンにするだけで、かなり低音の方がスッキリして聞き易くなります。これは女性でしたら「女性」のプリセッを入れてまたは、音楽を処理したいのであれば「音楽」にチェックを入れるとそれだけです。非常に簡単ですがこの後ですねイコライザーなんっかでプラスアルファの処理はいるかと思うんですが基本的なトリートメントの様に大変使いやすくワンタッチで使えるツールとなっています。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。