Auditionエフェクト基本講座

Center Channel Extractor

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Center Channel Extractor」は、ボーカルなどステレオ左右の中央に位置する音声を消すことで、簡易的なカラオケを作るような処理が行えるエフェクトです。
講師:
02:51

字幕

このビデオでは「ステレオイメージ」>「CenterChannel Extractor」についてご紹介します。この「ステレオイメージ」のカテゴリなんですがステレオ左右の処理に関する様々なエフェクトが集まっています。では、Center ChannelExtractorこれがどうなのかといいますとまず、今ここに立ち上がってるオーディオ素材ですねこれをちょっと聞いてみましょう。歌ですね歌のファイルが開かれています。では、ここに対して「ステレオイメージ」>「Center Channel Extractor」これを立ち上げます。このCenter ChannelExtractorなんですがステレオの素材からちょうど真ん中に位置してるステレオの真ん中に位置している素材を消すことができる、というエフェクトです。それをもっとわかり易い言い方で言うと「プリセット」に良いのがあるんですが「カラオケ(ボーカルを20dB下げる)」というのがありますが普通の歌のファイルからカラオケを作ることができるのが一番の特徴です。ではこの「プリセット」を入れてとりあえずどんな音になったか、聞いてみましょう。するとどうでしょう。OFF にするとこの様に歌が入っていますがON にすると歌が消えてますね。 簡単にカラオケができました。ただ、結構ですね真ん中にいるステレオの真ん中にいるのは歌だけじゃないので他の楽器の音も一部消えちゃっています。なのでちょっとカラオケとしても演奏のバランスが悪いかなという印象があります。そういった時にはこの「識別」というタブで「フェーズの識別」というのがあります。これを再生しながらこんな感じだとリズムもかみ合っていいですね。こんな感じで、曲ごとに微調整して頂くとよりしっくりくるものができます。もちろん完璧ではないですが歌のファイルから手軽にカラオケを作ることができるというちょっと面白いエフェクトになています。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。