Auditionエフェクト基本講座

ステレオエクスパンダー

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ステレオエクスパンダー」は、ステレオ左右の広がり感や、ステレオ音声のセンターの位置を自由にコントロールできるエフェクトです。
講師:
03:28

字幕

このビデオでは「ステレオイメージ」>「ステレオエクスパンダ―」について解説します。「ステレオエクスパンダ―」ですがこのエフェクトはステレオの素材に対してそのステレオ感左右への広がり感を広くしたり逆に狭くしてモノラルにしたりといった処理が行えるエフェクトです。では、早速やってみようと思います。「ステレオエクスパンダ―」を立ち上げてでは、まずは一回OFFにして元の素材、ちょっと一回聞いて下さい。これ、ヘッドフォンを付けて聞いて頂くとわかるんですが軽くステレオ感があります。でもそんなに広くもない軽くステレオ感がある様な状態です。ではこっちをオンにしてではこの「ステレオ拡張」というところをですねこれを目いっぱい広くして聞いてみましょう。どんな音になるでしょうか。ステレオ左右の広がりが大きくなって部屋が広くなった様な気がしたかなと思います。もう一回オフにしてちょっと聞いてみましょう。これぐらいだったのがオンにするとかなり広い感じになりましたね。逆に、このスライダーを一番左まで持ってくると真ん中からしか聞こえないモノラルと一緒になってしまいます。このモノラルからすごい広いステレオまで自由自在に幅を変更できるのがこの「ステレオ拡張」というパラメータですね。 そしてその上にある「センターチャンネルパン」というヤツですけどこれはこのステレオ左右の中で真ん中になる位置を左寄り右寄りにずらす事ができるものですね。ちょっと使ってみるとまずノーマルで特にバスドラムとスネア「ドン」、「バン」という二つの音がいまちょうど真ん中ぐらいにいると思います。これを左寄りにこんな感じで持ってくるとどんなんになるかというと左に寄ってしまいましたね。次は再生しながら動かしてみます。こんな感じで、左右の真ん中も自由に設定することができます。この様に、ステレオの広がり間と真ん中位置を自由にコントロールできるのが「ステレオエクスパンダ―」の機能です。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。