Photoshop CC 基本講座

Bridgeからファイルを開く

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CreativeCloudに付属しているファイルの整理・閲覧ソフト「Bridge」を使って、効率よくファイルを確認しながらPhotoshopで開きます。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは Bridge を使って ファイルを開く手順を解説します— Photoshop 単体でも 当然ファイルを開けますが— Creative Cloud に付属している Bridge というソフトを使うと— より簡単で効率的にファイルを 管理して開けます Bridge がどんなソフトか 見てみましょう Bridge の画面に切り替えます これが Bridge の画面です 真ん中に写真のサムネイル(縮小)表示が 出ていますが— こっちにフォルダなどの構造があります ここはデスクトップなどと同じように— 各フォルダの階層で これを進んでいくと— ファイルがあった時に— この部分に表示されるような― 仕組みになっています Bridge への飛び方ですが— もう一度 Photoshop に戻ります Photoshop の ファイル > Bridge で参照 を実行しても— このように Bridge へ移動できます ここに表示されている 写真のサムネイルですが— ここの 下の方のスライダを右の方へ 持って行くと— かなり大きくすることができます このようにウィンドウいっぱいに することもできます Windows も Mac も標準で中身の見える サムネイルのアイコンにもできますが— こっちですとどこまでも大きくできるので— どの写真を使うかと検討する時など Bridge 上でこのように拡大して表示すると— 大変便利に使うことができます Bridge 上でこの画像を使うと決めたら— 例えば右クリックして アプリケーションを 指定して開く — そしてアプリケーションを選びます Creative Cloud の機能を使って 例えば今使っているコンピューターには— 複数のバージョンの Photoshop が 入っているんですが— そのような場合きちんとバージョン毎に 別々に表示されて— 初期設定 つまり普通にダブルクリックした時に— どちらが開くかを指定することもできます では CC 2015 で開くとしてあげると— このように Photoshop の方に 画像が転送されて開くことができます また Photoshop に戻って— 一度この画像を閉じておきましょう 再び Bridge に移動します Bridge 上にこのように何個も画像を 出せるわけですが— 2つ以上のファイルを 一遍に開きたい場合には— Mac の方は command キー Windows の方は Ctrl キーを押しながら— それぞれ開きたいファイルをクリックします すると複数まとめて選ぶことができるので この状態で右クリックして— アプリケーションを指定して開く から ソフトを選んであげれば— このように複数の画像を 一遍に表示することも可能です Bridge はその他画像にキーワードを指定して それで検索を行ったり— 更に表示を「フィルムストリップ」にすると— 下にずらりと並んでいるものの中から クリックしたものを拡大表示するという― 凝った使い方も可能です Bridge では— ファイルを開くのは 普通のファイルオープンの操作とか— フォルダからのドラッグ&ドロップでも できてしまうので— 今一つ何に使うかピンと来ない方も いるかもしれないですが 活用することで写真の管理と 開く時の分かり易さは飛躍的に向上します 是非使ってみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。