Photoshop CC 基本講座

メモリに関する設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
環境設定のうち、メモリに関連する項目の役割や設定について解説します。パフォーマンスに影響する項目が多くあります。
講師:
04:43

字幕

このレッスンではメモリに関する 環境設定について解説します それでは環境設定にアクセスするのですが Mac の方は PhotoshopCC メニューから 「環境設定」 Windows の方は「編集」メニューから 「環境設定」にアクセスしてください Mac と Windows で場所が違うので 気をつけて下さい 「環境設定」の中の 「パフォーマンス」を開けて下さい 「パフォ-マンス」ですが これは主にメモリに関する項目を設定して パソコン全体のパフォーマンスを 向上させるという環境設定になっています まず「メモリの使用状況」という所 一番上に出ているのが 今使っているパソコンに積まれている メモリの量がでています その下に このぐらいの総容量があれば 大体これぐらいの範囲に設定すると良い という設定があります なるべくメモリを多く割り当てたいのであれば この範囲内で なるべく大きな数字に ここを調整して持っていきます ただ Photoshop 単体で使う方は 結構増やしてもよいですし 他にイラストレーターであったり 他のソフトであったり 連携していく時には そういったソフトに割り当てる分が 少なくなってしまうので あまり増やしすぎずに 適度な所で設定するのが良いと思います 通常は初期設定の70%ぐらいで 構わないかと思います 次はこちらですね 「グラフィックプロセッサーの設定」 という所です パソコンに性能の良い GPU グラフィック処理のプロセッサーを 積まれている場合には 「グラフィックプロセッサーを使用」 というものが入っていると グラフィック処理に GPU が使われて 高速になる という設定になっています これを通常意識することはないですが 稀に GPU が絡む問題が起こることも ゼロではないので 一応ここは OFF にできる ということを覚えておいて下さい そして次です 「ヒストリー&キャッシュ」 Photoshop では作業した内容を ヒストリーとしてリストアップして― 残しておくことができます それを何レベルまで残すかです そういった所の設定が こちらになります この「キュッシュレベル」という所ですが これは主にどのような画像を扱うことが多いか というのを選んで それに最適化させることができます 初期設定は平均的な所ですが 例えば画像のサイズは小さいけれど レイヤーの数がすごく多いものを― 扱うことが多いかと または レイヤーの数は少ないけれど かなり サイズの大きい画像を扱う場合が多いかと それぞれに最適化してくれるので これをもし作業傾向が明らかである場合 例えばゲーム開発とか アニメーションを作る場合 小さくて複雑というほうが 多くなるでしょうし 大判のポスター等を作る時には 大きくて平坦になると思うので そういった所の設定です ご自分の使用状況に合わせて 最適化してみて下さい ではこちらの左側の選択肢から 「仮想記憶ディスク」 こちらに移動します そうすると今コンピューターに繋がっている ディスクドライブの一覧がでてきます 「有効」という所にチェックが入ってますが 「仮想記憶ディスク」というのは メモリがいっぱいになった時 その時に作業中のデータを一時的に ハードディスク または SSD ですね そうしたディスクのほうに記録しておく それを仮想記憶 仮想メモリと言います そうした仮想記憶の機能に どのディスクを使うか という設定です 例えばハードディスクと SSD 両方積んでいる場合は― SSD に設定したほうが 通常は速さが速くなります そんな設定もできます 例えばこの起動ディスクが あまり空き容量がない場合 そうすると作業場の一時的なファイルだけで かなり容量がいっぱいになってしまう こともあるので そういった時には増設している サブのディスクのほうに逃がしてやる そんな方法もあります そんな所をうまく環境に合わせて 選んでやると体感の使っているスピードを― かなり改善することができます これらの項目は必ず調整しなければ ならないものではないですが 場合によっては かなり パフォーマンス 体感の速度を上げることができるので 一度もし余裕がある時などに 是非お試しください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。