Photoshop CC 基本講座

インターフェースに関する設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
環境設定のうち、インターフェースに関する設定項目について解説します。使い勝手を左右する項目が多くあります。
講師:
03:16

字幕

このレッスンではインターフェイスに 関する環境設定を解説します Mac の方は Photoshop CC メニューの 「環境設定」 Windows の方は「編集」メニューの 一番下にある「環境設定」です そこから「インターフェイス」 これにアクセスして下さい そうするとこんな画面がでてきます 一番上に「アピアランス」とあります 全体的なインターフェイスは カラーを決めることができます 例えばこっちに持っていくと 明るくなりますし こっちに行くと かなり暗くなります かなり以前から Photoshop を使っている方 昔はこんなカラーリングだけだったので この方がしっくりくるという方もいますし 色などは周りが暗い方が 見えやすかったりもしますので できるだけ暗い方が良いと これはお好みによって変えても大丈夫です こちらは左から二番目ですね 適度なグレーが初期設定になっています その下ですが フルスクリーンモードにした時ですね 境界線の部分にシャドウを適用するとか そうしたインターフェイスの ちょっとした表示です それがここで扱われています また これはインターフェイスの言語ですね これは「日本語」 フォントサイズ「中」 これで大丈夫だと思います そしてインターフェイスの部分に関する 細かい設定があります それではこっちですね ツール等があります こうしたツールを使う上での 細かい動作ですとか オプションです 例えば「スクロールホイールでズーム」 を ON にすると マウスのスクロールホイールを回すだけで 一部分拡大できます それは人によって好みがあるので 是非一回使ってみて― その動作が好みに合うかどうか それを確かめてみて下さい 次にカーソルを見てみましょう そうすると 例えばブラシでペイントしている時に どんなカーソルにするか 色を拾う時どんなカーソルにするか そういう設定ができます 選ぶものによって 表示が変わってくるので これもしっくりと使いやすい方を選択します そうしたら「単位・定規」 というのがあります これは作業を行う上でどんな単位を使うかです 例えばほとんど印刷物をやらずに 画面上の絵を扱うという場合には 単位 mm とかではなくて pixel のほうが ドット数のほうがわかりやすいですね こういった所の初期値を変えておきます そして「テキスト」という所 これもテキスト入力を行う上での 細かい設定を行うこともできます こちらは基本的にあまり いじる必要はないかと思います このようにインターフェイスに関する 設定項目は色々とあります 特に必ずいじらなければ ならないものではないですが ものによっては好みに分かれる所で 初期設定以外のもののほうが― しっくりくるという可能性があるので 設定を試す時間がある時などに 是非 切り替えて試されてみるといいかと思います

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。