Photoshop CC 基本講座

表示に関する設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
環境設定のうち、表示に関する設定項目について解説します。画面の見やすさに関連する部分が数多くあります。
講師:
02:47

字幕

このレッスンでは表示に関する 環境設定について解説します Mac の方は Photoshop CC メニューの 「環境設定」 Windows の方は「編集」メニューの 一番下の「環境設定」です そこにアクセスします そして「ワークスペース」という所を 実行して下さい ここではパネル等の扱いについて 設定が行われています 例えば「タブでドキュメントを開く」 というのが ON になっていると こうした一個一個の画像はタブとなって 開かれるのですが これが OFF になっていると タブにならない そういった表示・扱い・動作 という所を設定できるようになっています では下の方に行って 「透明部分・色域」というのがあります ここにこうしてチェックの模様がでています Photoshop は画像の透明の部分を 設定したり扱ったりできます その透明の部分を表すのが このチェックのマークです 初期設定ではこの薄いチェックのマークに なっていますけれど これを例えば明るさをかえてみたり 違う色にしてみたり 全く自分の好きな色にして良いですし こうしたカスタムの設定ができます どうしても薄いチェックだと違和感がある という方は ここで別のものを選んでみると 良いかと思います では下に行って 「ガイド・グリッド・スライス」とあります Photoshop ではこうしたガイドライン この定規が表示されている状態です この状態でドラッグすると こうしたガイドをひくことができます こういったものの色を― 扱うというのが― 「ガイド・グリッド・スライス」の所です 今「ガイド」の「カラー」は「シアン」 になっていますけれど これを例えば 「マゼンタ」にしてみるとか 見やすいものに設定することができます では「3D」の所に行きましょう Photoshop 実は簡単な 3D画像を作れる機能を持っています そこの詳細の設定に関する所なのですが 原則ここは初期状態のままで 作業されていいかと思います このように表示に関するところ 特に見やすさの部分 配色などですね こういった所は割とパフォーマンスにも 繋がってくるので 時間がある時で構わないので どのような表示設定にすると 自分が見やすくて作業の効率を上げられるか そういった所を余裕がある時に 是非とも試されてみると 面白いかな と思います

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。