Photoshop CC 基本講座

RAW現像とは?

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
RAWファイルの持っている特徴と、CameraRAWで行う「現像処理」についての基本的な部分を解説します。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは Camera Raw の 基本について解説します 通常の画像ファイルは JPEG とか PNG または Photoshop の Photoshop 形式と いうものが一般的に扱われる画像形式ですが 特にデジタル一眼カメラで撮影された データの中には RAW データと呼ばれる形式の ものがあります これも画像ファイルではあるんですが 少し性質が違うのは他の JPEG などは 目に見えているピクセルが一応 情報の全てなんですが それに対して RAW データは 設定の変更によって 例えば一見影になってしまってるような所にも もっと情報が残ってるとか そんな調整がしやすい情報量の非常に多い ファイルになっています これをフィルムのカメラにたとえると ネガフィルムのような存在なので RAW ファイルを最終的に通常の画像にする 操作を RAW 現像と呼びます デジタルなんですが現像と呼ぶような 処理を行います Photoshop には RAW 現像を行う為の Camera Raw という機能が備わっています どんなものかご覧いただきましょう 今ファイルオープンの画面になっていますが ここに dng という拡張子の ファイルがあります これは RAW ファイルです RAW ファイルの拡張子はメーカー毎に いくつかあるんですが これは dng というファイルですね これも RAW ファイルの一種です この RAW ファイルを開く時には 通常に「開く」で同じですが 通常なら Photoshop で じかに開かれるところが このような特別なウィンドウが出てきます これが Camera Raw のウィンドウです Photoshop 本体から切り離されていて ここで現像の処理が行われます このタイトルバーを見ると Nikon D100 と カメラの名前が入っていますけど 画像だけではなくこのようなカメラの名前や 撮影の設定などのデータも入っています ここの上には Camera Raw で使う様々な ツールが入っています この大きさ調整でズームしたり 小さくしたり パーセンテージを設定したりと いうことができます こちらの右側では この辺りにデータが出て ずらりとアイコンが並んでいますが ここで様々な処理を切り替えていきます 例えば色や明るさの設定がいくつか あったり シャープにしたり ノイズをとったりする所 これは色関係がこのように入っていて またこの RAW ファイルというのは 撮影したカメラのレンズの情報が 対応したカメラであれば入ったりします そのレンズの特性・情報を元にして 歪みなどを補正することも可能です こちら fx の所にくると こっちは例えば粒子を粗くしたり いわゆるビネットの― 昔のカメラのような周辺光量が落ちる― 効果を作ることもできますし 「カメラキャリブレーション」というのは ここにカメラ名が出ていますけど カメラの特性にあわせて様々な項目を 調整する機能も入っています 「プリセット」というのは様々な設定を まとめて保存しておいて 同じような設定を手間無く掛けられると いうものもありますし この「スナップショット」というのは 一時的に今の現像の設定を保存しておく こともできます これ自体が1つのソフトと言える位 機能が多いのですが 通常大きく画像の色や明るさを変えると ノイズが出たりするんですが RAW ファイルは 例えばこの辺りを見ていただくと かなり明るくしてもノイズが出なかったですね また このようにハイライトを抑える 処理をやったりして かなり通常の画像よりも大胆に編集した上で しかも画質があまり落ちないという 性質を持っています 調整が終わったら 「画像を開く」をクリックすると 通常の Photoshop 画像として開かれます ここからが重要なんですが Photoshop で開いたあとは保存しても RAW ファイルで 保存されるのではありません Photoshop で保存したらそこから先は 通常の Photoshop 形式であったり JPEG などの所謂通常の画像として 保存することになります さっき RAW ファイルはフィルムで言う ネガフィルムのようなものだと言いましたが まさにネガフィルム的に 元の RAW ファイルは残っていて これはプリント― 紙に焼き付けた状態―が 通常の画像ファイルとなります デジタル一眼カメラは殆ど RAW 撮影に対応してますし ファイル容量は大きくなってしまいますが 画質的には大変良好なものが得られるので デジタル一眼カメラをお持ちの方は JPEG などの圧縮形式ではなく RAW 形式で撮影して Photoshop で現像して 高画質を得る方法を是非試してみてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。