Photoshop CC 基本講座

色の調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「色温度」「自然な彩度」など、写真中の色をコントロールするための機能について解説します。
講師:
05:08

字幕

このレッスンでは Camera Raw での 色補正について解説します Camera Raw 上では写真の色も かなりダイナミックに調整できます では順番にやっていきましょう 「基本補正」の所ですが 一番最初の「ホワイトバランス」は 今「撮影時の設定」になっています カメラ側で設定されたバランスですね これをプリセットを変えて Camera Raw で「自動」判別すると 少し雰囲気が変わりましたね この場合は撮影時の設定の方が自然ですが また違った感じになりました その他例えば昼間のプリセットとか 曇りのプリセット これを選ぶだけでも かなり雰囲気が変わってきます おおまかにこんな風に プリセットで選ぶ方法があります プリセットで選んでいるのは ここなんですね 「色温度」と「色かぶり補正」 この辺のバランス これがプリセットとなっているわけです 大事なのはここですね 「色温度」 左に行く程青っぽくなり 右に行く程黄色くなります これを動かすだけで かなり全体の雰囲気が変わります 丁度いい位にしてもいいし 意図的にこんな色味にしてみると いう使い方もあります 「色かぶり補正」 これは 全体的にグリーンであったり マゼンタであったり そんな感じの色がかぶってしまっている時に どっちかへシフトさせたり 意図的に色に癖をつけたりと いう使い方ができます 下の方にさがっていって 一番下の方に「自然な彩度」と 「彩度」があります まず「彩度」を上げてみると 色が濃くなりますね 鮮やかな感じになります 下げると 完全に下げていくと マイナス100になると 白黒になってしまいますね この彩度も Photoshop 側で開いてから いっぱい上げると ベタッと潰れてしまいがちですが Camera Raw 上だと かなりダイナミックに上げても 破綻まではしません 非常に鮮やかになるという感じです こっちの「自然な彩度」は もう少し違った感じになります これは絞りきっても完全に白黒にならないし あげきっても 「彩度」ほどのベタッとした 感じにならないですね 文字通り自然な感じでただノーマルよりは 色の濃さが出てくる 自然な感じで処理ができます ここら辺を写真ごとに量を調整すると かなり意図に沿った色の濃さを 出すことができます ではこちらに飛んで 「HSL / グレースケール」の所です ここもタブが3つあって 「色相」「彩度」「輝度」とありますが それぞれの色成分の所 それぞれで調整する所です 例えばこの建物の黄色っぽい所が多いので 「イエロー」の所を動かしてやると てきめんに変わります 空を変えたければブルー系とか 変えてやると ここは色相なのでこの色の― カテゴリ自体がダイナミックに 変わってきます さっき出てきた「彩度」も 色の色域ごとに設定できるので イエローだけ鮮やかさを抜くとか 逆に強調するとか 空だけを地味にしたり 濃くしたりと こんな細かい調整をすることもできます 輝度も一緒ですね それぞれこうした 色のエリアごとに調整できます ここで「グレースケール」に チェックを入れると このように白黒になって 白黒になった上でそれぞれ成分を ミックスすることによって 単純に色が無いだけじゃなくて かなり印象が変わります こんな感じで建物の色も こんな感じの色から こんな感じ 両方有りですよね 全く違った印象になります こんな風に調整できるので 白黒画像も 単純に彩度を抜いてしまうだけではなく 意図的に作っていくという 使い方をすることができます Camera Raw 上での色補正ですね 単純にバランスをとるだけでなく こんな感じで 積極的に作りこんで作品として仕上げていく― まさに現像と言えるそのような楽しみも 味わえるようになっています

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。