Photoshop CC 基本講座

カラーモードの基本

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
RGB、CMYK、グレースケールといった各種のカラーモードについて、内容の違いと注意点について解説します。
講師:
05:45

字幕

このレッスンでは Photoshop で扱う カラーモードについて解説します Photoshop で画像を扱う時ですが この色を表現する方式 カラーモードというのがいくつか存在します まずそれを確認する場所ですが 「イメージ」のメニューの「モード」 という所 ここを見ると「 RGB カラー」 となっています これがカラーモードの選択部分になります 通常はこの「 RGB カラー」 これで作業を行います RGB て何かというと 光の三原色です レッド・グリーン・ブルー その三色の混合で様々な色が表現されています コンピューターの上で画像を扱う時 基本的にこの RGB で表現されますので Photoshop も通常はこの RGB のモードで作業を行います 但し最終的に RGB のままだと いけない分野が1つあります それが印刷の分野です 印刷といっても 例えば家庭用の プリンターなどで印刷する場合には RGB のままでも良いですが ちゃんと印刷所に出すものです 印刷物として本格的な印刷を行うもの それはこの「イメージ」の「モード」の 「CMYK カラー」 というやつに変換する必要があります CMYK というのは シアン・マゼンタ・イエローという 色の三原色 それに K というのは ブラック いわゆる黒のインクです その4色で色を表現する考え方です 印刷はこの CMYK の混合で色を作りますので 最終的に印刷の原稿に使う場合は 原則として「 CMYK カラー」に 変換する必要があります この時ですが 今 2枚のファイルを開いていて 今この画像が RGB のモードです 同じものを単純に― CMYK に変換すると このようになります そんなに大きく変わりませんが よく見てていただくと 切り替えていくと ちょっと色が違いますね RGB がこんな感じで CMYK にすると ちょっとだけくすんだ感じになります これがわかると思います 実は RGB のほうが 色を表現できる幅が広いので CMYK に変換すると ちょっとだけくすんだ感じになります これが最終的に画面ではなく紙の上にのると また変わるので 更にこれよりも変化してしまいます このように RGB と CMYK では 若干色の 感じが変わるということを覚えておいて下さい 基本的に色の扱える範囲には RGB のほうが広いので 通常の作業は RGB で行って 完成した一番最後に CMYK で 別に保存する― そういった方法が良いかと思います 但し色を本当に 例えば黒インクだけという部分を作りたい時は CMYK モードで 色を扱う所ですね 例えばこのカラーピッカーの上で 一番こっちに持ってくると 見た目 真っ黒ですよね 選択的にも真っ黒なんですが これを CMYK で見てみると この4つの種類のインクが 混じった状態になっています 例えば必ずこれを黒インク一色で塗った部分 などを作りたい 確実に行いたいという場合には ここを ほかの色を0にして 黒インクを100%にした こんな設定をしなければなりません なのできっちりこのように 一色だけのインクで黒を作るとか そういった色の設定を行う場合には CMYK のモードにした後に 作業を行っても OK です 逆に CMYK のモードになっている 画像というのは そのまま保存してしまうと インターネット上での 表示等には向かない形になっています 表示できない場合もあります なのでインターネットのホームページ上などで 表示するためには RGB でなければいけないわけです 一度印刷用に原稿を作ったものを ファイルを貰ってウェブに載せるときなど 注意しないと CMYK のままに なっていることもあるので そういった時には逆に RGB のほうに変換します もう1つよく使われるものとして 「グレースケール」というのがあります これは いわゆる白黒のモードです 色の情報はなくなって 明るいか暗いか その階調だけでできています 印刷の分野でも 一色の原稿 黒一色の白黒ページの写真なんかは このグレースケールで入稿する という場合もあります 「イメージ」の「モード」 何種類かありますが 基本的に RGB と CMYK と グレースケール この3つを知っていれば 9割がたの状況に対応できるので とりあえず覚えて頂くのは 3つで結構です それぞれ 通常 Photoshop の作業を行う時は RGB インターネットのホームページなど 使う場合も RGB 印刷の時は CMYK に変換 そしてグレースケールというのは 色の情報はなくして一色だけのモード 白黒印刷などでは グレースケールを使う この3つのカラーモードの違い ぜひとも覚えておいて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。