Photoshop CC 基本講座

解像度の基本

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
同じ印刷サイズでも、解像度が異なると印刷結果の画質に影響が出る点などを例に解像度の解説を行います。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは画像の解像度について 解説します それではこのレッスンのアセットに 2つの画像がありますけど 今2枚を開いていますが 切り替えても全く同じに見ます 実際全く同じ写真が元になっています では片方「イメージ>画像解像度」を 見てください そうするとこの「幅」と「高さ」の所に 299.86 mm が横です 高さ200 mm と ほぼ30cmx20cmくらいの大きさになっています もう1つの方を見てみますと こちらもほんのわずかに誤差がありますが 実質上横が 30cm で高さが 20cm 0.023 mm ほどの誤差です そのような形でほぼ同じ大きさと 表示されている画像ですね ではこれを踏まえた上でツールの中から ズームツール 虫眼鏡を選択します そしたらまずこちらの 72dpi と ファイル名に入っている方を 拡大してみます 分かりやすいようにこの陰の辺りがいいです これを拡大して行くと これくらいまで拡大すると だいぶこの陰の部分とか ギザギザになってきます コンピューターの画像は必ず点の集まり ピクセルの集まりでできているので 拡大してくとこのように点々が出てきます ではこちらの 300dpi と書いてある方も 同じように拡大してくるとどうなるかというと 同じくらい拡大しているのですが こちらに比べてギザギザが出てないですね それどころかこっちでは写ってないような こうしたコンクリートの表面まで かなり細かく出ています この違いは何なのかということですが もう一度72の方に行って さっきの「イメージ>画像解像度」 これを開いた上で mm となっている所 これを pixel に直してください そうするとこれは pixel 数 ドットの数で出てきます そうするとこっちの画像は 幅が 850pixel で高さが 576pixel である ということが分かります 一方この 300dpi の方は 同じく「イメージ>画像解像度」で この mmで見るとほぼ同じ数字なのですが pixel にしてみると 幅が3543 pixel で高さが2362 pixel と 遥かに多くの pixel で構成されています なので拡大した時に こちら72の方は点が見えてしまいますが 300の方は点が見えずに 詳細な所が見えるようになっています この2つですが 一応 mm の大きさは同じになっていても これだけ実際の点の数が違っていて この違いを解像度の違いといいます 300の方が解像度が高い画像です 72の方は解像度の低い画像です それぞれ意味合いが違います まずこちら 72dpi という方は 72dpi というのはコンピューター上の画面で 表示するための解像度の決まっている数字です インターネット上の画像などは最終的な大きさ 使う大きさに 72dpi の状態で 合わせる必要があります 対して印刷物に使う画像は 印刷物に使う時には 例えば 72dpi の状態でさっきのように 横を 30cm 出ていた画像を 30cm の大きさで紙に印刷してしまうと ちょっとぼやっとしたあまり鮮明でない 画像になってしまいます 一方こちらの 300dpi という方を 同じく 30cm の幅に印刷すると 非常にきれいに出すことができます 印刷には画面上で見ているよりも さらに多くのピクセルの情報を入れておかないと きれいにでないという特性があります この dpi という数字は dot per inch 1インチの中に何個のドット 点があるかという数字になっています 印刷物に使う画像は基本的に 解像度で出ているここがさっきの dpi と同じ数字の部分です これが300から350くらいあれば きれいなカラー印刷でも きれいに写真にが出てくるといわれます 情報としては高ければ高いほど 細かくはなるのですが 実際の印刷の結果としてでてくるのは だいたいこの辺が限界といわれるので だいたい300から350くらい それくらいの解像度にしてきます 特に印刷原稿に使う写真には 大きさとして たとえmmで足りる数字が出ていても 実際の解像度がどれくらいあるか これを pixel に変えてみて 実はどれくらいのピクセル数があるか それを知っておく必要があります うっかり間違えると 不鮮明な印刷結果になってしまうので この部分を充分注意してください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。