Photoshop CC 基本講座

表示を拡大・回転させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像をズームツールまたはマウスホイールで拡大・縮小したり、移動、回転などを行う方法について解説します。
講師:
03:58

字幕

このレッスンでは画像表示の拡大 / 縮小や 移動・回転などについて解説します 今のこの画像 ここを見ると 25% とでています 今ここにでているサイズは実際の画像よりも 25% 縮小したサイズになっています これを 100% にしてみましょう ではズームツールで― 100% にすると このような大きさになっています 表示しきれないので このようにバーでスクロールすると いろんなところが見れるという このような状態になっています Photoshop で作業を行っていると 全体を見たり またはこのように原寸のサイズにしたり それを頻繁に行います なので今のようにわざわざ ズームツールを選んで バーで移動とやっていると 少し面倒くさいので これを簡単に行う操作を覚えておきましょう ではまずズームですが ここでこれを選ばなくても キーボードの Z を押すと パッとズームになりますので これでクリックすればズームインです Mac の方は option Windows の方は ALT キーを押しながら押すと ズームアウトします 一回クリックするたびに 一定量このように― 拡大されたり縮小されたりします また このズームツールのある状態で クリックしてドラッグすると このようにスムーズに 拡大したり縮小したり こういった操作も可能です クリックしながら横方向にドラッグですね そうするとこのように 右に持っていくと拡大して 左に持っていくと縮小するというような かなり滑らかな処理が行えるので 本当に手で操作しているような 感覚になります また Mac の方は option Windows の方は ALT キーを押しながら マウスのホイールを回すと 他のツールが選ばれている時も このように拡大 / 縮小が行えます そして拡大されている時 表示されていない部分を見るには このスクロールバーをドラッグするのではなく この手のひらツールを使うと― ドラッグで感覚的に変えることができます ただ これも手のひらツールを いちいち選ぶのも面倒くさいので Space キーを押したままにすると ポインタが手のひらになって この状態で このような形で 移動させることができます また この手のひらツールの所でも 長押しすると「回転ビューツール」 というのがでてきます これを使うと このような形で 表示を回転させることができます 例えば横にしたほうが見やすい 作業しやすいという時 一時的に横にして その上で 拡大したり 移動したりして 作業するということができます これをやっている間に他の物を 操作してもいいですし 元に戻したい時にはもう1回 この「回転ビューツール」に移動して 「ビューの初期化」というのをクリックすると 元の角度に戻るので 心配なく作業することができます このようにキーボード操作などを併用して 画面の中の拡大 / 縮小 および回転など そういったものを駆使すると より細かい部分まで見やすく 効率よく作業ができるので 是非とも覚えておいて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。