Photoshop CC 基本講座

レイヤーの変形

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー全体を変形させるための、様々な変形ツールの使い方とその効果について解説します。
講師:
07:13

字幕

このレッスンでは レイヤーの変形について解説します レイヤーは通常四角形ですが これを自由な形に変更する事が出来ます それを行ってる見るんですが まず最初の操作として こういった場合ですね レイヤーが一枚しか無くて 背景となっている場合 こうなってると変形が出来ないので 最初にこれを独立した 一枚のレイヤーに変換しておきます 変換する方法はこのレイヤーの ウィンドウの中で ここをダブルクリックすると 新規レイヤーという形で こういったウィンドウが出てきますが これをOKすると カギのマークが消えて これが独立したレイヤーとなりました この状態になっていれば 「編集メニュー」の「変形」ですね この内容が使える様になります ではこの「変形」の中から まず「拡大・縮小」というところ 実行してみます すると四隅にこういったポイントが 出てきましたね このポイント 「ハンドル」と言います 「ハンドル」をドラッグすると こんな感じで動きます 「拡大・縮小」はこの様にして 大きくしたり小さくしたりと 文字通り拡大 縮小出来るものです 自由にドラッグするとこの様に形が いくらでも自由に変わってしまうんですけど Shift キーを押しながら ドラッグすると 縦横の比率が保たれながら こうやって変える事が出来ます これが「拡大・縮小」です 変形全般なんですが 確定させるときにはこの丸をクリック そしてキャンセルする場合は バツをクリックすると それぞれ確定とキャンセルが行えます それでは他の変形を見ていくんですが この時ですね まず変形の作業中 この状態で右クリックすると 他の変形に切り替える事が出来ます では「回転」というヤツに 切り替えてみましょう するとさっきは このポイントを持っていった時ですね 真っ直ぐの矢印になったと思うんですが 今度この曲がった矢印になりました これをドラッグしてみると 全体を回転させる事が出来る様になりました これも 自由にやっていると いくらでも自由に出来ますし Shift キーを押しながらだと この様に一定の角度ですね これが通常の一回キャンセルした上で 「変形」「回転」と 完全水平な状態からやるとー 15度単位で 回転させる事が出来ます キッチリとした角度にしたい場合には Shift キーを押しながら 回転させて 15度ずつ回転させましょう それでは次「ゆがみ」というものですね 例えばこの写真って遠近感があるので ここ一部が斜めになってますけど 「ゆがみ」が選ばれてる状態で 例えばこっちの端をですね 上に持っていくと この様に他のコーナーには影響が無いままで この様な形で 画像を歪ませて ちょっと遠近感の調整をする事が出来ます これもこんな方向に持っていく事が 出来ますし 複数で操作すると それぞれ違う形にする様な事も出来ます そしたら次は 「自由な形」 「歪み」はですね 基本的にこの縁に 沿った形で ある程度制限を受けながら 変形するんですが 「自由な形」にすると もう完全に自由になります 制限無しで内容は その都度大きく変わるんですけど 自由にこの様に変形させて 内容を変えていく事が出来ます では次に「遠近法」を これはさっきの「ゆがみ」と似ているんですが 「遠近法」を使うと 「ゆがみ」はこの今ドラッグしている 一個のコーナーだけが動いたのに対して 「遠近法」を使うと その対になっているところも こちらもいっぺんに動きます なので例えばこっちを もっとこっち側に奥行きを出してあげて 逆に 上下を拡大して こっちのゆがみを弱くしたりですね こんな形で遠近感に特化した形で 変形が行えます では次は「ワープ」ですね これが結構特殊でして 「ワープ」は この様に 動かした後で 他のこのポイントからの途中が 直線だけで無く曲線にする事も出来ます このハンドルを操作すると こんな感じに 非常に自由な形が出来ます またこのハンドル以外の部分をクリックしても この様に滑らかに動いていくので 大変 ユニークな感じで 全体を大きく変形させるのに使う事が出来ます では一回バッテンをクリックして これを踏まえた上で更に 「自由変形」というのがありますけど これにしておくと 例えば拡大縮小にもなりますし 少し離れたところに持っていくと 回転にもなります またMacの方は コマンド キー ウィンドウズの方は コントロール を押しながら ドラッグすると この様な自由にの形の動作も 行うことが出来ます 切り替え無しの総合的なツールとして 「自由変形」というのも用意されています またこうした細かいものじゃなく 単純に180度変えてやるとか または 「水平方向に反転」ってやると 左右が入れ替わったりと この様な変形も行えます これはレイヤーになっていれば 自由に使うことが出来ますので 更にダイナミックに画像を修正したり または変形させて違うモチーフにしたり ということが可能です 是非とも様々な素材で試してみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。