Photoshop CC 基本講座

レイヤーの基本

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの種類や上下の重なり関係など、レイヤーを扱う上での基本的な項目について解説します。
講師:
04:49

字幕

このレッスンでは Photoshop の レイヤーについて解説します Photoshop の中で1番重要な 機能の1つと言っても過言ではないのは レイヤーという機能です 例えば今この画面に出ている画像 1枚の画像に見えるのですが 実は これ様々なパーツの合成によって出来ています 例えばこの人物はもう最初から場所にいる ように見えますけど 実はこのように独立したパーツになっていて 消したり出したりすることができます 背景も消してしまったり 出したりということができます 画面の右下の方にあるこの部分に レイヤーパネルといいますが ここに様々なパーツが層になって 重ねられていて これが1枚の画像を構成する要素と なっています レイヤーは例えばこの背景のように 丸まる1枚の画像の場合もありますし そこに重なっている人物は 写真の一部を切り抜いた物です こうした透明部分を含んだ物もあります またさらにその上に重なっている このテキストも レイヤーになっていて これは実はテキストとしての 属性が残っているので― こんな感じで打ち変えることも可能です さらにこの周りに出ている 白いふわっとした所も レイヤーの効果という物で オンをすることができます さらにこの1番上のカラールックアップと 書いてあるこれもオンにすると 全体の色が変わりますが こうした調整等を行なう 調整レイヤーというものも このように様々な種類のレイヤーがあります レイヤーはこのように上下の層になって できていますが これの順番を変えることによって 重なり方を変えることができます 例えばこの人物のレイヤーですね これをこのテキストの1個上に持って行くと 文字が人物の後ろになりましたね こんな風にドラッグ&ドロップで 簡単に順番を入れ替えることもできます 調整レイヤーの上に持って行ってしまうと 1つだけ効果がかかっていないと このように自由に組み替えて使うことが できます 各レイヤーには不透明度と描画モードという 物があります 不透明度というのは ちょっと持って廻った言い方ですが 透明でない度合いで 100%だと全く透明でない この人物のレイヤーの不透明度を下げてみると だんだん半透明になっていきます これが0になると 完全に無くなってしまいます このように一枚のレイヤーの中で 全体の透明度を変えることもできますし またこの描画モードというものを変えると 重なった時の結果が 様々な形に変わります このようにして複数のレイヤーで使って さらに合成のされ方も変わって 作業することができます またレイヤーは内容を動かすこともできますし 消しておいてもちゃんと保存が行なわれるので 使うか使わないか 後まで判断を保留することができます 例えばこれレイヤーがなかったら 例えばこの人物を切り抜いたものを 貼付けたとして この状態で背景に人物が貼付けたら ここまではレイヤーの無い状態でも できるのですが もう1枚の画像になってしまったら 人物の位置とか透明度を調整できないです その点レイヤーになっていれば いくらでも― 後から修正できる可能性を大きく残して 作業を進めることができます このレイヤーがもたらす自由度が Photoshopの便利さのかなりの部分を 担っているといっても過言ではありません レイヤーを何の作業を行うのでも出てくるので レイヤーの基本的な考え方を しっかりと身に付けておいてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。