Photoshop CC 基本講座

エッジがソフトな画像を選択する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
動物の毛のような、ソフトで選択が難しい部分の切り抜きを、マスクの調整機能を活用して実施します。
講師:
08:07

字幕

このレッスンではソフトなエッジの画像の 切り抜きについて解説します 今画面には虎の写真が出ていますが この虎を切り抜きたいという場合 かなりですね この元々の毛が モコモコしてますし ヒゲなんかもありますしね そしてこっちの方は顔にピントが合ってるので 体の方は少しソフトな感じになってるので かなりですね 一筋縄では切り抜けないかなと思います これに対してソフトな感じのレイヤーマスクを 作る手順をやってみようと思います 最初に大まかにこの虎を 選択するところから始まります では今回ですね 「クイック選択」これを使いましょう 「クイック選択」を使って とりあえず細かいところは あんまり気にし無くていいので この虎の体がですね 大体ハマるぐらいところを選択出来ます この明らかなにボコッと出てしまったところ こういうところは Macの方は「オプションキー」 Windowsの方は「Alt キー」を 押しながらドラッグすると 消えるので整えてあげましょう この段階では もう大まかなで結構ですので これ位で結構です ハミ出たら 「オプションキー」又は「Alt キー」を 押してながらドラッグをする事で 直します こんな感じですね このヒゲの部分なんかですね 大まかで結構です 顔なんかもザックリですね このヒゲなんかもハミ出ちゃってますけど ここら辺もですね大体全部カバーしなくても これ位入っていれば OK です さあ こんなくらいですね大雑把に選択したら この状態でレイヤーマスクを作ってしまいます ではレイヤーマスクを作成します そうすると当然ですねハサミで切ったみたいな ガタガタのエッジになってしまいます これは実は非常に簡単に調整する事が 出来るんですね それではここのパネルを開けてやって これレイヤーマスクの方が 選ばれている状態ですね そうするとこの属性というパネルの中に こんな内容が出ていて 「マスクの境界線」というボタンがあります これをクリックします すると「マスクを調整」という ウィンドウが出てきます これはマスクの作られたエッジの部分ですね これを細かく簡単に調整出来る機能です 今ですねこれ白バックとなってますが これ見やすさに応じて 例えば黒バックにしたりとか または通常の透明な表示ですね こういうものにしたりとか 好きに切り替える事が出来ます こんな完全にマスクだけを見る事も出来ます 今回虎のヒゲとかがちょっと白っぽいので 黒バックで作業してみましょう そうしたらまず第1段階として この「ブラシ」ですね これが選択されてる状態 これでこのガタガタになっている エッジの部分をなぞっていきます ではこの辺ですね 見てて頂くと 「ブラシ」サイズは適当に 塗り易いぐらいに調整してですね この様に エッジの部分なぞってやると どうでしょう 変わったのわかるでしょうか? こっちの方まだガタガタですよね こっちの方は元々ソフトに フワッとしてる部分が かなり再現されてるのでないでしょうか じゃこの辺変化見てて下さいね 今はさみで切ったような がたがたのエッジが これでなぞってやる事で 割と細かい毛までですね サポートされた様な 自然なエッジになりましたよね この「マスクを調整」の「ブラシ」で エッジの部分を調整すると この様なモコモコの毛の様な 非常に普通の方法では切り抜けない様な素材も 非常に滑らかに 毛の一本一本までフォローする事が 可能となります 耳の部分なんかも こんな感じですね かなり モコモコの最たるものという感じの 場所にきましたけど ここら辺見て頂くと このピョコンと出てる一本の毛です こんなのまで綺麗に出ますね これ殆ど自動処理で行われてますので とても簡単です 心がけるのは 丁寧に塗っていく事くらいでしょうかね これがもしですね ちょっと 背景の方まで選ばれてしまったという時には 「オプションキー」または 「Alt キー」を押しながら ドラッグすると その部分ですねソフトな感じが 一回消されるので 改めてちょっと違う部分をなぞりながら やり直してあげます こんな風になってってですね この長い伸びてるヒゲ こういったものも こうなぞってやると 上手い具合に背景が消えて ヒゲだけが残っていきます 全部正解に拾うのはちょっと難しいですが 見て違和感が無い程度ですね これぐらいには簡単に拾う事が 出来ます さあどうでしょう この段階で もう十分にソフトな感じ結構自然ですよね この様な大体のところが出来たら 背景ですね 例えば こうした通常の透明表示とかですね こういったものに変えてやると 見え方が変わって ちょっと不具合のある場所とかわかりますね これ白っぽくするとちょっと 背景の色が残っているのが気になるので こういう時には 「不要なカラーの除去」というの入れて この値を上げてやると この辺 特にわかりやすいですね 元の背景に影響されていた様な色が抜けて より馴染み易くなります またちょっと黒地に戻して この下の項目ですね この「半径」っていうのを調整すると 細かい部分が どれ位微調整されるかっていうのが 調整されますし またはこのエッジを調整というところ 「滑らかに」「ぼかし」「コントラスト」 「エッジをシフト」とありますが 例えば軽く「ぼかし」なんかをかけてやると 更にこういったところがソフトになって 自然になりますね これ素材によってかけるところが 違うんですけど かけてみてどれ位いい変化があるかですね こんな感じに調整してやると より自然な形になっていきます これらが終わったら 「出力」というところですね 「新規レイヤー、レイヤーマスクあり」 というヤツに書き出してあげると こんな感じになります これ前のレイヤーが保存されてますけど 目玉が消えて見えなくなって 今調整された結果が 新しいレイヤーマスク付きのレイヤーとして 出力されました 前のヤツもちゃんと残っているので いらなければ削ってしまってもいいですし もしですね やっぱり ちょっと やり直したいという時には 前に戻る事も出来ます 新しい結果が別のものとして 書き出されています 更にこれですね ちゃんとレイヤーマスクとして出来ているので 更に微調整を加えることも出来ます さあ従来であれば非常に 熟練したワザが入ったこうしたですね 柔らかい部分の切り抜きも 今の Photoshop であれば かなり簡単に行うことが出来ます 是非ともチャレンジしてみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。