Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

ノイズを「目で見て」認識する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「不用な音」を「目で見て」認識すると、ノイズ除去作業が一層明確に行えます。
講師:
06:35

字幕

それではこれから Audition を使った ノイズの取り除き方について 様々なテクニックを解説していきますが その前に大前提として 皆さんに考えて頂きたいことがあります 皆さんが取り除きたいと思っている ノイズとは何でしょうか 一口にノイズと言いますが 何でしょうか 何だろう と思ってしまうかもしれませんが では 1つだけクイズです 今から音を流します これはノイズでしょうか では聞いて下さい (ノイズのような音) 何かただザーっと言ってるだけで いかにもこれはノイズですねという感じですね では 違う形で 同じ音を聞いて頂きましょう さあ これはノイズでしょうか (ノイズのような音) この画面がついて 雨が降っている様子が 目に映ってきたら ノイズじゃなくなりましたね ただの雨の音になりました このように音がノイズかどうかと感じるのは あくまで人間側の主観であって 音そのものに これはノイズだ ノイズじゃないという 区別はありません 音というのはあくまで ただの音であって それをノイズかどうかと判断するのは あくまで人間 あなたや私です なのでノイズを取り除きたいと思う時は まずどの音がノイズなのかということを 作業する私たち自身が はっきりと認識する必要があります その方法の1つは まずは音の内容をよく聞いて この音がノイズだと 頭の中で認識することですね ただ それだけでは曖昧です 音全体の中で この音がノイズだと感じても それはあくまで頭の中のことなので 曖昧ですが Audition というツールは 音を目で見る機能が様々ありますので それを活用できます 例えば2つ目の例を見て下さい ではまたサウンドを聞いて下さい (鐘の音) (物を落としたような音) 今の音の中 綺麗な鐘の音でしたけど どこかにノイズに入っていましたか 入っていたという方は多いと思います 途中で (鐘の音) (物を落としたような音) せっかく綺麗な金の音が鳴っているのに 誰かが箱か何かを落としてしまったんですね こういった場合 明らかにこの音は もう不要というか 取り除きたい (鐘の音と物を落としたような音) ノイズとなります そしてみて下さい これは音のボリュームの変化を表す波形ですが ドスンと 突飛な音が鳴った時に 一個飛び出て波がでています (鐘の音と物を落としたような音) さあ このように大きな音として 入ってしまう類のノイズは 波形のほうにはっきりと 目で見える形ででてきます ここにノイズがあるんだな という所ですね では これを取り除くためには とりあえず最終結果がこんなふうに 波形が飛び出ていてはいけないんだな ということは少なくともわかります これもノイズを目で認識する 手法のうちの1つです さあ そうしたら 別のパターンも聞いて頂きましょう 今度はこんな音です (このようにしゃべっている時に (アラーム音) アラームが鳴ってしまいました 私がしゃべっている所で 変なものが鳴っていましたね 「このようにしゃべっている時に (アラーム) アラームが鳴ってしまいました」 結構やってしまいがちですが 時計とか携帯ですね 置いておいて録音していたら ついついピピッと鳴ってしまったと 結構ありがちなことなんですけど これはどうでしょう 波形を見ても 「このようにしゃべっている時に」 (アラーム音) どこがピピッというアラームか 正直あまりわからないですよね 「このようにしゃべっている時に」 (アラーム音) このように極端に音量が上がるものでなければ 波形を見てもわからないという場合もあります ただ Auditon はいろいろなものがあるので こういうものも目で見ることができます 例えば こんなものです 「スペクトル表示」 というものに切り替えると 全然波形とはまた違ってきました そして 一部分拡大すると 何か 変な所が一か所あります さあ どこでしょう 全体にランダムな雰囲気ですが 一か所だけ 明らかに何か人口的に かっきりした感じに変なものが入ってますね ここを見てみると 「しゃべっている時に」 (アラーム音) アラームの鳴っている部分だけ 目で見えています このスペクトル表示というのは 縦の軸が周波数 音の高さです そして色が黄色くなるほど 成分が多い つまり音量が大きいということです そうして そういう表示にすると 音量だけではわからなかった周波数 音の高さの違いも 目で見えますので アラームが鳴っている部分が出るときに (アラーム音) はっきりと目で見える形で 入っています このように様々なノイズは Audition 上で 私たちの目に見える形で現れてきます まずは問題のソースを よく分析して どんな所に問題が 目に見える形で現れているか 周りの必要な音とノイズの境目はどこか それをまず認識することから ノイズの除去は始まります これを踏まえた上で もっと具体的なことに進んで行きましょう

Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

ビデオカメラで録画したビデオの音声やICレコーダーで録音した音声にさまざまなノイズが入ってしまった経験は誰にでもあると思います。それらの多くはAuditionの機能を使うと綺麗に修復できるものです。このコースではそのようないろいろな種類のノイズ除去のテクニックを解説します。

2時間46分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。