Photoshop CC 基本講座

トーンカーブの調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の明るさやコントラスト、色などを総合的に調整できるトーンカーブの使い方について解説します。
講師:
06:12

字幕

このレッスンでは トーンカーブについて解説します それでは色調補正のパネルから 「トーンカーブ」を適用してみましょう ちょっと見づらくなるので これをドラッグしてこのパネルに入れて こちら側で使ってみます トーンカーブですが ここにでてきたグラフ この折れ線グラフのような一直線のものと 中にギザギザしたグラフがあります これですが 後ろの薄いグレーのグラフ 右に行くほど画像の中の 明るい部分を指しています 左に行くほど暗い部分を指しています 縦のこの量は この画像の中に対して これぐらい明るい部分がどれぐらいの量ある ということを示しています この写真で言えば割と明るめの所が 割合が多いですね これはこの雲の部分が多いからだと思います 対して割と暗い部分は少なめと そんなことが表されています そしてこの前面にあるグラフですが これはこれを操作することによって 明るい部分から暗い部分まで それぞれの部分の明るさを 調整することができます 今この画像の中の一番明るい部分が 一番明るくて 一番暗い部分が暗い 当たり前ですがそんな設定になっています ではこの2つのポイント 試しに― 一番明るい部分を全部暗くしてしまって 真っ暗ですね 逆に一番暗い部分を明るくしてみると 全部反転した世界ですね いわゆるネガフィルムの世界になります 極端にやるとこんな感じで 元に戻します 例えば明るい部分をもっと際立たせたい そんな時には この明るい部分のほうに 一回クリックすると ポイントがつくので こんな感じで持ち上げてやると より明るい部分が強調されていく 逆に明るさを抑えたいという時には 反対側にすると 明るい部分が抑えられましたね こんな風にカーブを作ってあげます このカーブがポイントが1個だと 割とシンプルになるのですけれど この線の上をクリックすることで もう1個 何個も作れるので 例えば こんな感じにすると 元のカーブに対して 明るすぎる部分を抑えて 逆に暗すぎる部分を持ち上げる そんなこともできます 反対にすると 暗い部分をもっと落ち込ませて 明るい部分はもっと明るくする こんなふうにコントラストを 強調することもできます 今は RGB というモードになっていて 全部ですね レッド グリーン ブルーの光の三原色の チャンネル一括でやっているのですが 例えばこれを色ごとにやると 色合いが変わってきます 例えばレッド 赤の要素だけが変わるチャンネルです 赤の明るい部分を抑えていくと 明るい所から赤みがぬけていったので 緑や青が強調されました 逆に反対側にすると 赤っぽさが強調されていく これは割と右の方なので明るい部分ですけど これを真ん中辺りでやると もう少し中間あたりの色で 赤が調整されていく 例えば こういった所もポイントを複数作って こんな感じにやっていくと これなんかここで ポイントを作って抑えているので 明るい所はそれほど赤みが増えていません 雲なんかは赤っぽくなってないですね 対して この暗めの所は 赤の量が大幅に変化する 見てていただくと雲の このへんの白い所の色は ほとんど変わってないと思いますが 割と濃い目の色の所 それがダイナミックに変わります こんな調整の仕方もあります なので 全体ですね RGB の所で全体の明るさを調整したうえで それぞれレッド グリーン ブルーの所を 微調整すると 色味も変えていける 明るさと色味両方をコントロールできるのが トーンカーブの特徴です これなんですが「自動補正」 というボタンがあります これをクリックしてみると 地味ですけどちょっと変わりましたね ちょっとだけカーブがでています これは全体の中の 明るい部分暗い部分の成分の量を計算して ほぼこれぐらい平均的にすると 見やすいだろうという所です 指導的に判別してくれる そんなモードもあります 元の写真がこんな感じで ほんのわずかに暗い感じだったので これが入ることにより ちょっと沈んでいた部分は 持ち上げてくれて ちょっとぱっとした感じになりました なのでこんなふうに 自動でやったうえで最終的に少しだけ― 手動で調整しても構いません こんなふうに明るさと色を 調整できるトーンカーブ 最初は意味がわかりづらいかもしれませんが 触ってみると どこを触れば明るい部分が調整される 暗めの部分が調整されると― いった感覚がわかってくるので ぜひとも色々な画像で 試してみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。