Photoshop CC 基本講座

ペイントで色補正

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシによるペイントを用いて、自然な雰囲気で花に違う色を着色するテクニックを解説します。
講師:
04:34

字幕

このレッスンではブラシによるペイントで 花の色を変更してみましょう Photoshop のブラシで例えば こんな色を選んだとします これで塗ることで花びらの色を変えようと 思うんですが 直接塗ってしまうと後から修正できないので まず「新規レイヤー」を作ります ブラシを選んで 大きさを適度に調整して 硬さを0にして これで花を塗ってみましょう どうなるかと言うと ベタッと塗ると下の花が見えなくなってしまい これはまずいですね どうしたらこの花の部分が 見えるのかということで じゃ「不透明度」を下げてみてやると 不透明度を下げると一応 下は見えてくるんですけど 色が混じり合って変な感じです しかもこの花びらの筋も あまり綺麗に出ないので 綺麗に塗れてるとは言えません このような場合非常に簡単に かつ綺麗に塗る方法があります では一回この描き込んだものを 消してしまいましょう Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Aを押して全体を選んだ上で Delete します するとレイヤー上の内容は 何もなくなりました では レイヤーはこのままでいいんですが レイヤーの不透明度を100%に戻します その上で ここの今「通常」となっている 描画モードを 「カラー」に変更したら この花びらの部分を 「カラー」に変更します ざっくりで良いのでこのブラシで こすってみると こんな感じにかなり綺麗に ささっと色がつきます どうでしょうか 本当にピンクの花びらになったように きっちりと色がつきます 端を丁寧に塗るとこんな感じですね ちょっと他の色も使ってみると では色相をずらして こんな青っぽい色にしてみると ちゃんとこの色の傾向で 花びらが塗られていきます もう一色くらいやってみましょう では緑でOKすると 緑の花びらはあまり無いかもしれませんが これも綺麗な形ですね このように塗られていきます しかもこの黒い所は色が載ってないので 大変綺麗に塗れているんですね 描画モードをまた「通常」に戻してみると こんな感じではみだしまくってしまう 黒い所にも載ってしまうので かなり適当に塗ってもこれだけ綺麗に載るので やり易いですね 「カラー」という描画モードは この明るさがある所に 塗った色が綺麗に載ってくれるので ペイントによる色の変更に向いています しかも例えばここに「色相・彩度」の 調整レイヤーを作って ここのアイコンをクリックすると 1個下のレイヤーにクリッピングしてくれるので クリッピングマスクの状態になりました これで色相を変えてやると こんな感じに派手に色が 変わってくれます こんな感じですね 色を塗ってもこちら側元々の黄色と それほど大きい違和感がないままで 綺麗に塗ることができます この描画モード「カラー」を使った塗り方は かなり使い易いので 是非試してみてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。