Photoshop CC 基本講座

HDR画像の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の写真を統合して、暗い部分から明るい部分まで豊富な情報を含んだハイ・ダイナミックレンジ画像を作成します。
講師:
03:10

字幕

このレッスンでは HDR 画像の作成について解説します このレッスンの素材ですが 1枚目はこんな感じです 岩の写真ですが 暗いところが潰れています 2枚目を見てみると 今度は多少岩の所は明るいんですけど 空が明る過ぎて白くとんでいます もう1枚もやはり雲は見えるんですが ところどころ暗いですよね 露出を変えて同じ場所で撮った 3枚の写真なんですが どれも良いところもあれば 潰れているところもあるという状態です Photoshop を使うとこれらを合成して HDR (High Dynamic Range) 画像を 作ることができます 早速やってみましょう では Bridge で作業を行います Bridge に移動します さっきの3枚の写真を Bridge で開きました これを全部選んだ上で ツールメニューから「 Photoshop 」> 「 HDR Pro に統合」を実行します すると このように処理が行われて 今それぞれの写真の中身が解析されています そして平均的な例として出てきたのが これです 見るとさっきのには無いパターンです 雲がちゃんと細かいグラデーション バランス良く見えています 岩の暗いところも真っ黒にならずに ちゃんと情報を持ってる形で 割と平均的に撮れてる形です このように複数の写真の良い所を 合成して明るさと暗さの範囲が広い― High Dynamic Range 画像を 簡単に作ることができます このバランスのいい形で 完成にしても良いですし プリセットを選んだりすると こんな風にもっとデティールの所まで 持ち上げたものとか これはさっきのですけど 全体がフラットになったものとか またはこのように非常に細かい所まで 情報があるので こうした絵画のような雰囲気にしたものとか 色々と雰囲気を変えることができます そしてOKとすると 最終的処理が行われて Photoshop 上で1枚の画像となります 拡大しても大変質がいいですね 非常に細かい所まで描写されている 画像となっています 特に広い風景の写真などはどうしても 明るい所・暗い所が出てしまいますけど それらを全て情報として含んだ 細かい所まで見える画像として HDR 画像は大変面白いものとなっています 是非チャレンジしてみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。