Photoshop CC 基本講座

スマートフィルターの特徴

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートオブジェクトに適用することで、後からの設定変更や効果のオン/オフなどが可能なスマートフィルターについて解説します。
講師:
06:40

字幕

このレッスンでは スマートフィルターについて解説します フィルターですが基本的に 適用すると 1回であれば command または Ctrl +Zの アンドゥで戻ることができますが 更にもう1個別の効果が加わってしまうと 2つ前には戻れません 2つ前以前もこちらの「ヒストリー」に 残ってはいるんですが ヒストリーも1回ファイルを閉じてから 開き直すとなくなってしまいます なので後からこのフィルター適用を 取り消したい時にも 取り消せない事態に陥ります それを可能な限り避けることができるのが スマートフィルターという機能です スマートフィルターと言っても フィルター自体同じものを使うわけですが 1回レイヤーをスマートフィルター用に 変換する必要があります ではフィルターを適用したり スマートフィルターを適用したり レイヤーが選ばれている状態 今1個しかないので ここでいいですね この状態で「フィルター」> 「スマートフィルター用に変換」を実行します するとこんな感じになります 今出た警告はOKで消していいです そうしたらどうなったかというと これは実はレイヤーを直接 スマートオブジェクトに変換したのと 同じ状態です つまりスマートオブジェクトに対して フィルターをかけると スマートフィルターになるという わけなんです 実際にこのスマートオブジェクトに対して スマートフィルターをかけてみましょう 見ていただくと こんな感じでたまにグレーの項目が 出てきます あまりないんですけど一部 スマートフィルターになると 使えない効果が出てきます これがプラグインで増やした他の会社の フィルター等だともっと増えたりします Adobe 標準でも使えないのが いくつか出てきます では分かり易いところで 「ぼかし(ガウス)」をかけてみましょう 動作 全く同じです 通常のフィルターと同じで 適度に効果をつけてOKとします スマートフィルターが違うのは ここからです 今効果がかかっていますけど レイヤーの方を見てみると 「スマートフィルター」という項目が出てきて 「ぼかし(ガウス)」の名前が出ています 通常であればこのレイヤー自体を オン・オフすることはできるんですけど それに加えてこのスマートフィルターが かかっている状態だと スマートフィルター全体を オン・オフすることも可能になります なのでいつでもフィルターをかける前の 状態を見ることができます 更に個別のフィルターのまま出てくるので 例えばフィルターを重ねてかけます こんな感じで他のフィルターもかけました 今「分割」というのが別にかかっています 「分割」と「ぼかし(ガウス)」の両方が かかっているんですけど それぞれオン・オフすることで 個別に効果を出したりひっこめたり することもできます このフィルターをかける順番ですが 今「ぼかし(ガウス)」がかかってから 「分割」がかかった状態になっています これをドラッグして入れ替えることができ すると見た目が変わりましたね 「分割」してから 「ぼかし(ガウス)」がかかっています 順番が変わると フィルターの効き方も変わってきます 全く違いますよね 分割された部分もぼけています これは重要なところですので どんな順番でかけるか という点も意識して貰うといいかなと 思います 更にこのフィルターの内容も フィルターの名前をダブルクリックすると 調整がもう1回出てくるので フィルターの内容を変えることができます ぼかしも またこんな感じで内容を変えることができます 更にこっちのオプション項目 これを出してやるとフィルターの 描画モードを変えることができるので これを変えることで また効き方が変わってきます こんな風に組み合わせていくと 色々な効果を作ることができます フィルターがもう不要な時は 個別にドラッグしてゴミ箱にもっていくと 消すことができます 個別のフィルターだけではなく このスマートフィルターごと持っていって 消してしまえば スマートフィルターを全て消すことができます こんな感じで基本的に通常のレイヤーであれば 1回かけて終わりのフィルターなんですけど スマートオブジェクトになっていれば スマートフィルターとして機能して 様々な便利な機能が加わっています なのでできるだけ後からの修正の 余地を残すために これらのフィルターを使いたい時は スマートフィルターで使うことをお勧めします 作業効率が全く違ってくるので 是非スマートフィルターを作業の中に 取り入れてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。