Photoshop CC 基本講座

シャープの適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真を明瞭にするシャープの処理について、いくつかの手法を比較しながら実際の効果を確認します。
講師:
05:22

字幕

このレッスンでは シャープの適用について解説します 画面にはこんな写真が出ています メカニカルな写真ですけど 小さい物なのでこの真ん中辺りに ピントが合っていますけど このちょっと外れた所 距離感が少し違うところは ソフトな感じに ピントが曖昧な感じになってきます 勿論 完全にピントが合わない範囲に 行ったものを 完全にシャープにするのは無理なんですが シャープ処理を行うことによって 画像全体の明瞭感を上げられます それを実際にやってみましょう 「フィルター」>「スマートフィルター用に 変換」を実施しておいて スマートオブジェクトに変換しておきましょう 「フィルター」>「シャープ」 ここもいくつも項目がありますけど 基本となる「アンシャープマスク」を かけてみましょう そうすると今こんな感じになっています オン・オフしてみると それほど効果が強くない感じですが この「量」を上げていくと どんどん強くなっていきます では「量」を200以上位にした状態で オン・オフしてみると 特にエッジの部分もそうですが こういった部分の表面の質感が かなり変わってきて 印象が大きく変わってきます 特にこの小さい歯車は シャープさの印象がかなり変わっていますね このように調整できるのが 「アンシャープマスク」 これがシャープ処理の一番基本です 「半径」とありますけど 半径を上げると 効果がより分かり易くなってきますけど 絵としては粗い感じになります こうしたシャープ処理ですが 通常は画像処理のかなり後の方 できれば一番最後に行うのが よくある通例です 途中でつけてしまうと シャープ処理と いうのはくっきり見えるようにする一方 画質の劣化が出てしまうので あまり早い段階でかけてしまうと 更に劣化を招く結果となります なのでシャープ処理は 他の処理が全部終わった後で 最後の結果に対して適量だけかけるのを 大原則として覚えておいて下さい アンシャープマスクもかけ過ぎるとやはり ノイズっぽくなったりして いまいち馴染まない時があります そんな時は大分後のバージョンでつけられた― もっと細かく調整できるシャープがあります そっちを試して下さい 「シャープ」>「スマートシャープ」を 実行します そうすると通常は 隠れてて上だけかもしれませんが これはアンシャープマスクと見た目は あまり変わらないですよね 量を思い切ってあげてやって 半径を上げたりすると シャープになりますが 半径を上げていってもアンシャープマスクより 若干自然な感じを保っています ここからですが シャープを進めるとどうしても どうも表面がノイズっぽくなります 粒子が強調されてしまって ノイズっぽくなるので そこに「ノイズを軽減」というのが 加わっています これを上げていくと 若干なんですが細かい所の ノイズが減っていきます ある程度大きなモニターで見ている方は 動画をフルスクリーンにして見ていただくと いいかもしれないですが こんな感じでかなり大きくしたとしても 細部まで綺麗な形で処理することができます 更に この「ぼかし(レンズ)」とありますが これがアルゴリズムというものです タイプがかかります ぼかし(レンズ)というのは 正にこの写真のように レンズの作用によってぼけてる所 被写界深度が浅くてぼけてると これが例えば「ぼかし移動」なんて 並ぶと 手振れの補正に近いものです 「ぼかし(ガウス)」はもっとエフェクトなど 違う理由によってぼわっと揺れてるものです そういうものを調整することもできます シャープの処理は途中でやってしまうと 画質が劣化するので必ず一番最後で やって下さい シャープの処理を嫌う方も多いんですが 適度にやれば自然なまま保たれて しかも明瞭さも得られ 一挙両得なので是非覚えていて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。