Photoshop CC 基本講座

CameraRAWフィルター

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
デジタル一眼カメラで撮影されたRAWファイル以外の素材に対してもCameraRAWと同等の内容を適用できるCameraRAWフィルターについて解説します。
講師:
04:17

字幕

このレッスンでは Camera Raw フィルターの 機能について解説します Camera Raw は 通常デジタル1眼で撮影された― Raw ファイルだけに対して使える機能です しかしその Camera Raw とほぼ同じ機能を 通常の 例えば JPEG などの画像 通常の Photoshop 上の画像に 使える機能があります それが「フィルター」の 「 Camera Raw フィルター」です では使ってみましょう こちらに今レイヤーが1枚だけありますので 右クリックして「スマートオブジェクト」 に変換しておきましょう そして「フィルター」>「 Camera Raw フィルター」を適用します 立ち上がってくる画面は Camera Raw と 全く同じものです Camera Raw と同じツールがあって 同じ項目があって 基本的に同じ処理を行えます 例えば「色温度」の設定なども 同じに行えます 但しこれは元々情報をいっぱい持っている Raw ファイルではないので 仕上がりの画質は Camera Raw で本物の Raw ファイルを現像した時よりは 若干落ちます 例えば細部のノイズの出方とか 階調の具合とか その辺は同じにはならないんですが ただ機能としてまとまっているこの Camera Raw の機能と 同じものが使えるので ワークフロー的にも非常に分かり易いですし また機能自体もかなり高機能ではあるので 通常の画像の色補正などにも便利に使えます Camera Raw フィルターの利点を 挙げていきましょう この「ホワイトバランス」は 色温度で設定できるという所です 通常の Photoshop の機能の中で レンズフィルターもありますけど これだと Camera Raw と同じ色温度で 暖色・寒色ともっていけるので 大変分かり易いところがあります 様々な 例えば「露光量」とか 「コンストラスト」「ハイライト」 「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」 こういったところがまとめて入っているので いくつも色調補正のレイヤーを追加しなくても 色々な項目をまとめて扱える― という便利さもあります 「トーンカーブ」などもですね 個別にやると ばらばらになってしまう様々な機能を 1箇所にまとめられる良さもあります そういった様々な設定を行ったものを プリセットとして保存しておけば すぐ呼び出して使えます そういったトータルのプリセットのまとめ フィルターとして使っても便利です また Camera Raw ならではの便利な 機能もいくつかあって 例えばここですね 「ディテール」のところで「ノイズ軽減」と いうのがありますが これは粒子状のノイズが出てしまっている 画像に対して有効ですが この「ノイズ軽減」を使うと かなり画像を滑らかにできますので 元々 Raw ファイルじゃなくて JPEG とかその他の形式で受け取った 素材のノイズを減らしたい場合に 非常に便利に使えます また便利な機能として たとえば 「 fx 」の項目にある 「 Dehaze 」は霞をとる機能なんですが 今この写真では奥の方に霞が出ています これに適用してみるとどうなるかというと まるでお天気が変わるように 非常に簡単に霞をとって 奥の方まで色が出てきました これもあまり強くかけると 色のノイズが出るので 「カラーノイズの除去」みたいなものを 併用してあげると より滑らかになってきます このように 非常に独自の便利な機能から 細かい色調補正までまとめて行えるのが Camera Raw フィルターです 非常に便利なので是非通常の画像の 色補正にも活用してください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。