Photoshop CC 基本講座

文字揃えのバリエーション

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字揃えについて、基本的な設定方法や、ラインとボックスそれぞれへの入力時の差異などについて解説します。
講師:
03:17

字幕

このレッスンでは Photoshop の 文字揃えについて解説します それでは「テキストツール」を選んで 画面内をクリックして 数行に渡ってテキストを入力します 例えば こんな内容です この数行に渡るテキストですが この一番上の項目の中の この「文字揃え」を使えば 例えば 「真ん中揃え」にしたり あるいは「右揃え」にしたり こんな風に変えることができます ちなみにこのテキスト入力状態の時に 移動させたい時 一時的に移動ツールにするには Mac の方は Command キー Windows の方は Ctrl キーを押しながら ドラッグすると 一時的に変えられます こんな文字揃えなんですが ここに出ている項目以外に 実は細かいものが使える状況があります これでレイヤーが選ばれている状態で 「ウィンドウ」メニューから 「段落」というものを出します すると こちらのウィンドウで 文字揃えを修正することもできます ただ この状態だと こっちがグレーで使えないのですが 実は 入力方法は「テキストツール」を持って ドラッグしてボックスを作ったうえで テキストを入力します こうなっていると それぞれ こちらの項目を 使うことができます こちらですが 改行を手動で入れるのではなく この様に折り返しで入っている場合 そういう時に ピッタリ端を揃える ジャスティファイと呼ばれるものが こっちだとちょっと違ってきます これになっていると エリア内ピッタリに合わせてきます また そのやり方で 「中央揃え」「右揃え」 そして「全てを均等に揃える」 こんなバリエーションが ボックスではできます これはボックスでない場合は できないので こういう並べ方をしたい場合には 気を付けてください そして この「文字揃え」以外に 例えばこちらの「文字」という所だと フォントのサイズも設定できます その他にも 例えば文字間隔の調整とか 文字の詰め方の調整 こういうものもできます 特に「文字揃え」はかなり 使用頻度が高いと思うので 文字入力時に上に出るだけではなく ボックスを使ったうえで この「段落」のウィンドウで使えるものも 是非とも活用してください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。