Photoshop CC 基本講座

シェイプレイヤーの基本

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプレイヤーの基本的な使い方やツールの種類、拡大した場合の特徴などについて解説します。
講師:
04:50

字幕

このレッスンではシェイプについて解説します これからシェイプおよびシェイプレイヤーに ついて解説するんですが そもそもシェイプとは何かという所から 入ろうと思います 画面上には同じように見える丸が 2個描いてあります 今この時点では同じように見えるものですが それぞれ別のレイヤーになっています こちらの右側が通常のレイヤー 普通の Photoshop 上で描いたレイヤーです 左側がシェイプレイヤー やはり Photoshop 上で作成されますが これがシェイプの方です この時点では見分けがつかないですね ちょっと実験をしましょう シェイプレイヤーの目玉をクリックして 見えなくして 通常のレイヤーを選びます 「編集」>「変形」>「拡大・縮小」を 実行して キーボードの Shift キーを押しながら ドラッグすると 比率を保ったままで拡大できます 目いっぱい大きくして これでダブルクリックしてみましょう こんな感じになってしまいました こういうちょっと周囲がギザギザして しかもぼやけています コンピューターの画像というのは ピクセル―点の集まりなので 拡大しすぎるとこういうギザギザが ―ジャギーと言います― 出てしまいますし 拡大し過ぎるとちょっとぼやけます なので原則として コンピューター上の画像というのは 原寸以上に拡大してはいけないのが 通常です それを踏まえた上で これを見えなくして 次にシェイプレイヤーを選んで 見えるようにします こっちも同じように拡大してみましょう 「編集」>「変形」と行くんですが どうなるかというと 拡大します この時点でちょっと違うんですけど ダブルクリックします するとこっちの違うレイヤーを選ぶと 見易いですが 非常に綺麗な丸になっています 全然ぼやけてないし ギザギザも出ていません シェイプレイヤーは拡大しても ギザギザができないんですね 比べるとこれ位違います この違いなんですけど 通常の Photoshop のレイヤーは いわゆる bmp 画像と言って 先程言ったようにいわゆるピクセル ドットとも言いますが 点の集まりで 作られています 通常のコンピューターの画像です 対してシェイプレイヤーはベクトル画像と 呼ばれるもので 1回ごとに計算で描かれているので 拡大してもその大きさに合わせて 再描画されます なのでこのように滑らかなエッジを 作ることができます これは最初から丸い点の集まりが あるのではなく シェイプレイヤーはベクトル画像で できているものです シェイプなんですが この Photoshop の中のこの部分 様々な形状のツールがありますけど ここで描く事ができます 例えば長方形も描けますし これを描くとシェイプレイヤーができます 円の他に例えばこんな多角形も作れます また 描いた図形に対して この1面だけじゃなくて 線を設定して 縁をつける事もできます または 線だけ 引くこともできます また様々なカスタム的なパターンも 収録されています このようにして拡大・縮小しても 絵が汚くならない便利なベクトル画像を Photoshop 内で作れるのが シェイプの機能です こういう画像は Illustrator の方で 描くのが一般的なんですけど 簡単なものであれば Photoshop 内で 作れてしまうので 非常に作業が楽になります 是非シェイプの機能を活用して下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。