Photoshop CC 基本講座

ドロップシャドウ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字など透明部分を持っているレイヤーに対して、自然な形で影を適用できる「ドロップシャドウ」について解説します。
講師:
04:51

字幕

このレッスンでは レイヤー効果の ドロップシャドウについて解説します レイヤー効果のドロップシャドウは その名前の通り 影を作成するレイヤー効果です では まずやってみましょう 今 テキストレイヤーに 「ドロップシャドウ」と文字が入っています ここに対して 右クリックして 「レイヤー効果」 「レイヤー効果」の中の 「ドロップシャドウ」は 一番下にあります これをオンにすると ここを見ていて下さい この様な形で影が作成されます まず 「距離」を調整すると 元のレイヤーから どれくらいの距離に影を落とすか これが設定できます ほんのちょっとだけずらしても良いですし 思いっきりずらして 全然 本体と離れたような 文字が割と高い距離に浮いているような 効果を出すこともできます 適度に本体と被っている位にしておきましょう そして この「レイヤースタイル」 > 「ドロップシャドウ」には 「描画モード」が関係します 今はバックが真っ白なので あまり関係ないですが 基本的に「乗算」になっていれば 下に落ちた影が 元の色の明るさと合わさって より その部分だけ暗くなると 一番自然なのですが これを意図的に他のものにして 質感の変化を狙っても良いかもしれません あと もう1つ 今は「不透明度」が 35% のちょっと薄めになっています 白バックと比較してみると 大体 良いくらいです これがもう少し色の濃い背景だったら もう少し「不透明度」を高くして 黒っぽい影にしないと 分かりづらいかもしれません 見ていただくと 結構 影の印象で 全体の雰囲気が変わります ちょっと濃い目にして 本体の一部の様な形で 影を使っても良いと思います そして 大事なのが「角度」です 今はこの 120 度 こっち方向 左上方向になっていますが この方向はこの指す方向に 光源がある 光の源があるという設定になっています これを動かすと 真上にあるような感じもできますし 真下にあるような感じもできます この様に影のできる方向によって 実はかなり印象が変わります 左から右に流れる 横書きの文字であれば 左下気味に影があるのが 読む方向に対して割と自然です なので 見やすいのですが あえて 違和感を付けるという手もあるので ここら辺は 意図に合わせて行ってください 先ほどの「距離」の他に 「スプレッド」「サイズ」とありますが 「サイズ」は影自体の大きさです 「スプレッド」を大きくすると この様に 影が太っていく感じです 「スプレッド」と「サイズ」の組み合わせで 非常に大きくすることもできますし これくらい全体を覆うような感じになったら 影ではなく 縁取りの様な形で こんな形で使うという手もあります また 「画質」の所で 「ノイズ」を加えると 粒状になったような感じで 通常受けるシャドウ(影)の印象とは 違う効果を作ることもできます このドロップシャドウは使い所として やはりこれが無いと 文字というのは単体だけだと ちょっと印象が弱くなります 真っ白なバックでもこれくらいなので 写真などに載ったら かなり印象が薄められる危険があります そこを 文字の周りをコーティングすることで 文字が浮き立つという効果を 上げることができます ドロップシャドウは おそらく レイヤースタイルの中で 使用頻度が高いと思います これを活用してみて下さい

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。