Photoshop CC 基本講座

コンタクトシートの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
多数の画像を選択するだけで、一枚の紙に一覧表示印刷できるコンタクトシートの機能について解説します。
講師:
04:32

字幕

このレッスンではコンタクトシートの 作成について解説します 例えば撮影した写真なんかを一覧にして 参考に誰かに渡すために印刷して コンタクトシートというものを 作ることがあります 例えばこのフォルダに入っている写真が たくさんありますけれど これを1枚のシートにまとめたいという場合 もちろん Photoshop で 新規の書類を作って ドラッグ・アンド・ドロップで 1枚ずつ並べていけば できることはできるんですが 正直 結構面倒くさい作業ですね こういうものをなるべく手間を掛けずに どうしたら作れるかという所なんですが お勧めなのが Bridge を使って Photoshop でコンタクトシートを 自動作成するという手順です では実際にやってみましょう Bridge に切り替えます Bridge で先程の画像が たくさん入っていたフォルダを見ています こんな感じで一覧になっていますね そうしたらここで 入っているファイルを全部選びます Mac の方はコマンド キー Windows の方はCtrl キーを押しながら キーボードの A を押します すると全部選ばれますね この状態でツールメニューから― Photoshop の項目に 「コンタクトシートII 」 2 と付いていますが コンタクトシートですね これを実行します すると― Photoshop に移って こんな感じの画面になります まず「ソース画像」という所ですね これは自動で選ばれていて Bridge から選んだ画像ということで これは問題ないです 先にちょっと飛んで それぞれの画像の ファイル名を表示する場合は ここにチェックを入れておいて どのフォントを使うかですね 今これはMac ですのでヒラギノ角ゴという Mac の標準的なフォントになっていますが Windows であれば MSゴシックとかメイリオとかでもいいですね または Photoshop に必ず付いてくる 小塚ゴシックという― Adobe 製品に付いてくる フォントでもいいですね これは好きなフォントを使います 大きい所はここ「サムネール」ですね 「配置」どういうふうに並べるか― 標準的な所では「横に並べる」として この辺は自動的に入ります 「自動間隔を使用」とすれば まとめてくれるので このままでもいいです ここに出た数字の形で並ぶと考えてください ドキュメントのサイズですね 縦横のサイズをこのように指定できます 今この幅 21cm 高さ 29.7cm というのは A4サイズの紙ですが 最終的に作成されるコンタクトシートは 結構このサイズぎりぎりに作られるので 例えば A4の紙に印刷したいのであれば これだとぎりぎりになります なので例えば少しマージンをとって 幅18cm 高さ26cm 位に収めておく― こんな感じの方が 綺麗に収まるかなと思います それで解像度ですね 綺麗に印刷したいので 300 dpi とかですね こんな形で OK をクリックします あとは特にやることもなく待っているだけです 非常に簡単にこのように自動処理して 複数の写真をまとめてくれます やったことがある方は分かると思いますが レイアウトをしたり ドラッグ・アンド・ドロップを繰り返して 並べていく作業は結構面倒くさいので こういったことを自動処理してくれるだけでも かなり手間が省けますし 負担も減るという なかなか素晴らしい機能だと思います と言っている間にできましたね こんな形できっちりと並べてくれます 素晴らしいですね もし文字が大きすぎると思ったら さっきの文字の設定の所で小さくするとか そういったカスタマイズは可能です 完全自動処理でこのようなものが出来ますので もしこうした一覧の コンタクトシートを作りたいという時は ぜひこの機能を使ってください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。