Photoshop CC 基本講座

PDFスライドショーの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の画像を選択し、AdobeAcrobat上で自動的にスライドショー再生できるPDFを作成する手順について解説します。
講師:
03:35

字幕

このレッスンでは PDF スライドショーについて解説します 今 開いているこのフォルダには たくさんの画像が収められています Photoshop を使うと こういったたくさんの画像を PDF スライドショーというものに 簡単にまとめることが出来ます PDF スライドショーですが― PDF はおそらく皆さんご存知の あの書類の PDF ですね 実は PDF は様々な形式があって スライドショーですね 一定時間で画像が流れていく そういったものも作ることが可能です では実際にやってみましょう Photoshop で「ファイル」メニューの 「自動処理」 その中に 「PDF スライドショー」 というものがもうあります これを開きます そうしたら「ソースファイル」という所ですね もし Photoshop でファイルを いくつも開いていたら この「開いているファイルを追加」 という所が有効になりますけれども 今回はファイルを直に追加するので 「参照」とします そして対象となるファイルですね それを全部選択します そして「開く」を実行すると登録されます そうしたら「出力オプション」という所ですね 今回は「スライドショー」にしましょう そして「背景」 流れていくうち― 例えば縦長の写真なんかは 横が空きますよね そういったところの背景を例えば 白にするかグレーにするかブラックにするか そういったところを選びます そして表示される文字ですね それのフォントサイズですとか 入れる項目ですね こういったものを選びます 「スライドショーオプション」これ重要ですが 「スライド間隔」は 写真がそれぞれ何秒間隔で切り替わるか 今回3秒にしてみましょう そして「切り替え方法」という所ですが 様々な切り替え方法が出て来ます では「フェード」としてみましょう これで「保存」とすると 保存の画面になりますので デスクトップに保存してみましょう このまま PDF を保存・実行します すると今 保存処理が実行されています この間特にやることはなく はい もう終わってしまいました そうしたら― このファイルですね ダブルクリックをして開くと― Adobe Acrobat で開かれました そうしたらフルスクリーンモードで 表示しますかと出ますので 「はい」をクリックすると再生が始まります まず1枚目の写真が出て来て さっき3秒に設定したので 3秒足すとこのように フェードして切り替わっていきます いかがでしょう なかなかちゃんとしたスライドショーですが この様なものが 何も特別な処理をせず さっきご覧いただいて分かると思いますが ほとんど写真を選んで 何秒間隔でどういうふうに切り替わると 設定しただけですね 非常に簡単に出来てしまいます こういったものを何かプレゼンテーションの 途中とかに ちょっと流すとか そんなことにもかなり使えるかと思います Photoshop でこういったものが 作れるということは あまりポピュラーではないですけれど 非常に簡単に出来ますので ぜひとも試してみてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。