Photoshop CC 基本講座

ビデオの書き出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
加工・編集が完了した状態で、Photoshopからビデオファイルを書き出すための手順や設定について解説します。
講師:
04:10

字幕

このレッスンでは Photoshop からの ビデオ書き出しについて解説します 今この Photoshop の上では ビデオ編集が完了した状態になります ♪(BGM/ギター音楽)♪ このような内容になっています 編集したビデオは最終的に一本のビデオとして ファイルとして書き出す必要があります その場合「保存」を行うと 単なる Photoshop のファイルとして 保存されてしまうので― ビデオにするには「書き出し」を行う必要があります 「書き出し」から一番下にありますね 「ビデオをレンダリング」これを実行します そうすると「ビデオをレンダリング」という 項目が来ました ではこれですね ファイル名とか書き出す時にはフォルダー これはデスクトップにしておきましょう そして下の方ですね これは書き出し先が決まったら どんな形式に書き出すか という選択肢になります まずここですね Adobe Media Encoder と出ていますが これは Adobe の Creative Cloud の中に入っている ビデオの Encode ソフト 書き出し用のソフトですね それのエンジンを使うという意味です もう1つ― 「Photoshop 画像シークエンス」 というのは 動画を1枚1枚の静止画の連続として 書き出すというところです いわゆるビデオのファイルとして 書き出すためには Adobe Media Encoder こちらを選んでおきます そして大事なのは この形式なんですけれど 今 H264 となっていますね 「DPX」「H264」「Quick Time」 となっていますが― 例えばスマートフォンなどでみたりとか インターネット上にアップする場合は この H264 というのが一番 ポピュラーになっています なのでこれを選んでおきましょう 次プリセットですが 「高画質」となっていますので これを見ていくと いろんな形式が入っていて 例えば iPhone とか iPad などですね こういった機器向けのプリセットであったり または YouTube 向けのプリセット そんなものが入っていたりします 今単なる「高画質」となっていますが これになっていると この動画の持っている画面の大きさとか フレームの数ですね そういったものに合わせて 最適化されるので そのままでもいいですし 今回例えば画面のサイズが 1280 × 720 pixel ですが 720p という規格になるので 720p の YouTube 用の内容として 書き出してみましょう そして範囲は基本的に 「すべてのフレーム」でいいですね こんな形で「レンダリング」 というのを実行します 実行すると書き出しが開始されます バーが進んでいますね このバーが全部進行したら書き出しの終了です これがもっと長いビデオだと 非常に時間が掛かってしまいますし 今割と10数秒程度ですけれども はい 書き出しが終わりましたね そうしたら完成したファイルを 開いてみましょう デスクトップを見ると これですね 今のファイル名で ビデオがあるので 開いてみると このように .mp4 ファイルですね Mac の場合は Quick Time Player Windows の場合は Windows Media Player で 標準で開くことが出来ます では見てみましょう ♪(BGM/ギター音楽)♪ こんな感じで もうまるっきり ビデオ編集ソフトで編集したと言っても 違和感がない感じですけれども こんな感じで Photoshop で ビデオ編集が出来て書き出しが行えます 書き出しの形式ですね このビデオの内容を参考にしてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。