Photoshop CC 基本講座

テキストの3D押出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力したテキストを「押し出す」方式で、手軽に3D表示のロゴなどを作成する手順を解説します。
講師:
02:58

字幕

このレッスンでは テキストの 3D 押し出しについて解説します Photoshop の 3D 機能なんですが かなり比較的操作が簡単で しかも使えるケースが多いのが テキストの 3D 押し出しだと思います では早速やってみましょう では今ただの真っ白な書類があります テキストツールで 通常のもの選んで文字を書きます これは普通の文字ですね フォントサイズを少し上げておきましょう 150 ぐらいにしておきましょうか こんな普通のテキストが出来ました この状態テキストレイヤーを選んでいる状態で テキストツールを持っていると このメニュー項目の中に 3D というのが出て来ます ではこれをクリックしてみましょう するとワークスペースを3Dにしますか というのを「はい」とすると 処理が行われて― こんな感じに さっきただの文字だったものが押し出されて 3D のオブジェクトになりました この操作ですけれども ここに3つのアイコンがありますね この丸いところにマウスを重ねた上で ドラッグすると このようにぐるぐると回すことが出来ます この十字の所は上下左右に移動が出来ます この矢印ですね これを上下にドラッグするとこのように ズームを切り替えることが出来ます このようにしてテキストを非常に簡単に 3D のオブジェクトにすることが出来ます そしてこのワークスペースを 「初期設定」の中に戻した上で― 他のレイヤーを選んでいる時は あまりグリッドなども出ないので すっきりした見た目になります これをまた保存すれば 静止画のフォーマットで保存すればですね 今保存したものですが― 開くと こんな感じで もう最初から 3D 風のテキストのロゴとして 作った様な感じにデザインすることが出来ます 3D なのでいつでも角度などは直せるので 非常に簡単に バリエーションを作ることが出来ます こうしたテキストの押し出しで ちょっと派手な立体的なロゴを作るのに 3D 機能を使う― 簡単かつ一番手っ取り早く 実用的だと思いますので ぜひとも皆さんも試してみてください

Photoshop CC 基本講座

このコースではPhotoshopの操作の基本をひと通り学ぶことができます。具体的には画像の一部の切り抜きやレイヤーを使った合成、色や明るさの調整や写真の部分修正、画像の共有などについて解説します。印刷やWebデザイン、写真やイラストなどさまざまな分野のクリエーターがすぐに使えるスキルが満載です。このコースでPhotoshopの基礎をぜひ身につけてください!

8時間18分 (105 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。