WordPress基本講座

「続きを読む」や「抜粋」を利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
投稿記事が長くなってしまうといった際に利用できる「続きを読む」機能や、「抜粋」機能について、解説致します。
講師:
03:58

字幕

このレッスンでは 投稿記事が長くなってしまうー といった際に利用できる 続きを読む機能や 抜粋機能について 解説していきます 今画面に表示されているのが WordPress から生成された ウェブサイトとなっています まずこちらの記事の一覧が 表示されているトップページを このように下に見ていくと こちらの記事が長いのが 目につきます このように記事の一覧の中で記事の全文が そのまま表示された状態になっています 今回はこれを2つのパートに分けて 前半を記事一覧ページに表示させて 残りの部分を「続きを読む」というリンクを 設置して 別のページで記事の全文を 表示させるようにしたいと思います それではこちらの記事の投稿画面に移ります これがその記事の投稿画面となっています 今回はこのビジュアルエディタを 使っていきます こちらの投稿記事の本文の中で まずは前半部分と後半部分に分けます 今回はこちらの部分で前半と後半に 分けたいと思います そしてこの部分にカーソルを合わせた状態で こちらのアイコンをクリックします するとこのように「MORE」と書かれた 点線が表示されてきました このようにすることで記事の前半部分を 記事の一覧ページの中で表示させて そして記事の後半部分は「続きを読む」 というリンクをクリックして そしてその記事の詳細画面に飛ばしてから 表示させるといった形にすることが可能です それではこの状態でこちらの 「更新」ボタンをクリックしてみます そして投稿が表示されたら 先程の記事一覧ページに戻ってみましょう そしてこちらのペ-ジを更新します するとこのように先程では こちらの記事一覧ページで こちらの記事全文が表示されていましたが 今回はこのように「続きを読む」 というリンクが代わりに入ってきています そしてこちらをクリックすることによって このように記事の個別ページに 遷移してきて そして先ほどの続きから記事を 読み進めることができるようになりました これが続きを読むという機能となります では次に抜粋の機能を見ていきましょう 一度投稿の編集画面に戻ります 投稿の画面に戻ってきました 記事の抜粋ですが この投稿画面の こちらの上の部分にある この「表示オプション」をクリックすると このような画面が表示されてくるので こちらの「抜粋」という所に チェックを入れて そして「表示オプション」を閉じます するとこの画面の中の下の方に ここですね ここに「抜粋」という パネルが表示されてきます この部分の入力ボックスの中に この記事の要約となるような文章を 入力することができます この抜粋機能を使うことによって 先程の「続きを読む」と同じようなことを することができるのですが ただこの「抜粋」機能は あくまでテーマに依存した状態となっています ですので もし利用している この WordPress のテーマが 抜粋機能に対応していなければ こちらに入力しても 特に変化はでてきませんので ご注意下さい 利用する際には この抜粋機能がその使いたいテーマで サポートされているかどうかを 確認してから利用するほうが良いでしょう 以上でレッスンは終了です 今回は投稿記事が長くなってしまう といった際に利用できるー 続きを読む機能や抜粋機能について 解説いたしました

WordPress基本講座

WordPressは世界でもっとも人気のある無料のウェブサイト制作・管理ソフト(CMS)のひとつで、簡単に自分のサイトを作成してネット上に公開することができます。このコースではこれから使い始める方を対象に、ローカルサーバーの立ち上げ方やWordPressのインストール方法、基本的な機能や使い方などを順を追って解説します。

3時間48分 (66 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2015年08月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。