Python 基本講座

変数を使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
変数を使って、データに名前を付ける方法を説明します。
講師:
03:56

字幕

このレッスンでは変数を使って データに名前を付ける方法を説明します データの実体には変数を使って 名前を付けることができます これを実際にコードを入力しながら 見ていくことにしましょう 例えば次のようなコードを入力すると 「a」という変数に整数型の「1」 を関連付けられます = 括弧を一つ書くことによって a 括弧に1括弧を代入するとも表現しますが a 括弧にはシングルクオーテーション括弧も ダブルクオーテーション括弧ももありませんので 文字列ではありません これが変数に値を代入する という操作ですが たとえば同じように 「b」に「2」を代入すると 「a+b」という計算が 「3」という答えになります もちろん文字列も 変数に割り当てることができて これで「abc」という文字列が 「s」という変数に割り当てられましたが s括弧の型を見てみると 文字列型であることがわかります 変数には英数字と アンダースコア 括弧を 使うようにしてください 大文字と小文字は区別されます Python ではデータに 名前を付ける場合 小文字だけを使って単語の区切りを _ 括弧 にするのが普通です たとえば my_number 括弧 といった具合に 単語の間を「_ 」でつなぎます spaceを使うことはできません 英数字を使って 変数名を作ることはできますが 先頭の文字は数字にできません たとえば このような変数は エラーになります 「a」から始めれば 問題ありません 予約語と呼ばれる Pythonのコードに予約された単語は 変数名に使えません 真偽値が赤を表す括弧 true 括弧 を変数にすることはできません 文法のエラーになります 先頭を_ 括弧にすることはできますが _ 括弧を二つ続けた変数名 は特別な意味を持つので 文法的には正しいですが あまり使わないようにしてください このレッスンでは変数を使って データに名前を付ける方法を 説明しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
講師:
発売日:2015年08月11日
再生時間:5時間04分 (62 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。