Python 基本講座

文字列が持っている関数

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字列を例に、関数の一種であるメソッドと、オブジェクトの基本的な概念を説明します。
講師:
06:23

字幕

このレッスンでは文字列を例に 関数の一種であるメソッドと オブジェクトの基本的な概念について 説明します 実は文字列は ただのデータではなくて 独自に関数を持っています たとえば「abc」という 小文字の文字列 を書いた後に 「.」を一つ書いて 「upper」と書いてみます 最後に「)」を閉じて このコードを実行すると 「abc」の三文字が 大文字になった新しい文字列が 返ってきます これは関数と似ていますが メソッドと呼ばれるもので 文字列が独自に持っている 関数です ですから文字列を書いた後に 「.」を書いて メソッドの名前を書きます この「.」は何々の という風に考えると 分かりやすいかもしれません もちろん変数に 文字列を代入して その変数から メソッドを呼び出すことも可能です このように文字列は ただのデータではなくて メソッドという形で 色々な能力を持っています このことを表現するために 文字列オブジェクト という言葉を使うことがあります オブジェクトとは モノという意味の英単語です 少しあいまいですが 文字列オブジェクトは データと メソッドと呼ばれる 色々な機能の集まりであると いうことを理解しておきましょう この他に文字列が持っている メソッドについて いくつか紹介します たとえば 「find」というメソッドの 引数に 「b」 を与えると 「1」が返ってきます これは「abc」の 何番目に「b」があるか という意味ですが 最初が0番目から数えますので 「b」は一番目にあると いう結果が返ってきます この他によく使う 文字列のメソッドとして 余分な空白を 削除してくれるものがあります 新しい文字列「b」に 「abc」の 両端に スペースを入れたものを 作ってみましょう この「b」の文字列の 「strip」という メソッドを呼び出すと 両端のスペースが 削除された新しい文字列が 返ってくるのがわかります 文字列の一部を置換 置き換えることも可能です 「replace」 というメソッドを呼び出すと 文字列の一部を 置き換えることができます たとえば 「b」という文字列を 「e」という文字列で置き換えるには このように書きます まず引数が二つあるので 複数の引数は 「,」で区切ります 「replace」の場合には 一つ目の引数 を見つけてそれを 二つ目の引数で置き換える という意味になります このコードを実行すると 「b」が「e」に 置き換わっているのがわかります この他に文字列で よく使われるメソッドに formatという メソッドがあります formatは 文字列の一部分を 引数で置き換えることができます たとえば 「1+3」 「=」 「4」と このまま書いてもいいですが ここに「{」二つ を書いて一度ここで 文字列を終わらせます この文字列の 「format」というメソッドを 呼び出して引数に「4」を取ると 「{」の部分が 「format」メソッドの引数 「4」で置き換わって 「1+3=4」という新しい文字列が できます このように文字列型一つ取ってみても 単なるデータではなく メソッドという形で 色々な能力を持っています これが文字列オブジェクト という意味ですが このレッスンでは 関数の一種であるメソッドと オブジェクトの 基本的な概念について 説明しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。