Python 基本講座

リストのメソッド

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
よく使われるリストのメソッドについて紹介します。
講師:
05:10

字幕

このレッスンでは― よく使われるリストの メソッドについて紹介します まずは例になるリストを作りましょう リストは― list 関数の引数に文字列を与えると― 文字列を一文字ずつバラバラにした リストを作ることができます リストには― 「 append 」というメソッドを使って 要素を追加できます 最後に「 g 」が追加されました 要素を途中に挿入することも可能です 「 insert 」というメソッドを使って― 1つ目の引数に挿入する 場所を指定します 今「 b 」がある一番目に― 「 ab 」という文字列を挿入するには このようなコードを書きます 「 b 」の位置に 「 ab 」が挿入されて― 「 b 」以降が 1つずれているのがわかります 要素を指定して削除することも可能です 「 remove 」というメソッドを使うと― 今挿入した「 ab 」を― 消すことができます 要素がどこにあるのかを 探すためのメソッドに― 「 index 」があります たとえば― 「 g 」がどこにあるか 「 g 」の添え字を知るには 6 番目の「 6 」が― 「 g 」の添え字になっている ということがわかります 「 g 」が2つある場合はどうなるでしょう リストに「 g 」を追加して― 最後に2つ「 g 」が 並んでいる状態を作って― 「 index 」で「 g 」を探します 同じく 6 番目が返りますので― 7 番目にも「 g 」があるということは わかりません 「 index 」は最初に見つかった 添え字の数字が返るということがわかります インデックスを指定して― 要素を取り出すこともできます 「 pop 」というメソッドを使って― 「 -1 」という インデックス これは一番最後を示すインデックスですが― このコードを実行すると― 「 g 」が返ってきます 先ほどの「 remove 」は 何も返ってきませんでしたが― 「 pop 」は「 g 」が取り出されて― リストの本体からも 1つ無くなっています リストは足し算の記号で 連結することができます 「 v 」というリストに もう1つ― リストを作って足すと― 新しく2つの 足されたリストが返ってきます リスト自体を拡張することも可能です 今度は「 v 」の― 「 extend 」という メソッドを呼び出して この引数にリストを与えると― 「 v 」自体が変更されて― 新しいリストが加えられて― 「 h 」と「 i 」の部分が 拡張されているのがわかります リストは並べ替えることもできます 「 reverse 」という メソッドを呼び出すと― リストの順番が逆になります 単純に先頭と最後が ひっくり返っている 順番がひっくり返っているのが 「 reverse 」です これに対して「 sort 」 というメソッドを呼び出すと― リストがアルファベット順に並びます 最初がアルファベット順でしたので― 「 reverse 」でひっくり返した後に― アルファベット順に並べ替えて 元に戻っています このレッスンでは― リストのよく使われるメソッドについて 紹介しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。