Python 基本講座

エラー処理の方法

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エラーの発生に対処するための方法を紹介します。
講師:
03:59

字幕

このレッスンでは エラーの発生に 対応するための方法を 紹介します プログラミングにエラーはつきものですが エラーには2種類あります 例えば このようなリスト「v」の 要素にアクセスする時に 「[ ]」が1つ足りないコードを書くと エラーになります これは文法的なエラーなので プログラムを実行する前に 検出することが可能です それに対して プログラムの実行途中に 発生するエラーもあります 例えば このリスト「v」に ランダムに発生させた 添え字でアクセスしてみます 10回のループを回して インデックスとして ランダムに発生させた整数 これで 「v」にアクセスしてみます もう1度 実行してみましょう すこし分かりにくいですが ここで 「a」が 画面に表示されていることから 最初は ランダムに発生させた数字が 「0」だったことが分かります ただ その次に発生させた数字が リストの範囲を超えていたために エラーになりました このようなエラーは 実行時に発生する可能性があるので 事前に検出できないこともあります こうしたエラーが起きても プログラムが止まらないようにするための 仕組みが Pythonにはあります このコードを コピーして書き換えてみましょう エラーが発生する可能性がある箇所を 「try」というキーワードの下に書きます 「try」も 「for」文や 「if」文と同じように その中をインデントします ここでエラーが発生した場合 「except」と書かれた部分に 処理が移ります 今は添え字が範囲を超えているので 「添え字が範囲外です」と書いておきます このコードを実行すると 10回のループが 全て実行されます 先ほどは 2回目でループが止まっていますが それはエラーが起きてしまったためです 今回はエラーが起きても 「try」と「except」の間で発生するので 「添え字が範囲外です」という メッセージを画面に表示して ループが 正常に最後まで終了します このレッスンでは エラーに対応するための プログラミングについて 紹介しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。