Python 基本講座

テキストファイルに書き込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ファイルにテキストデータを書き込む方法を紹介します。
講師:
06:46

字幕

このレッスンでは ファイルにテキストデータを 書き込む方法を紹介します Pythonでは「open」関数を使って ファイルを扱うことができますが その前に2つ 前提知識を確認しておきましょう 画面に文字列を表示するための 「print」関数を使って このように「abc」という文字列を 表示できます 「abc」の後に「¥」 もしくは「\」が書かれたキーを押して 「n」を押して文字列を閉じます この時にもし 画面に「\」ではなく 「¥」が表示される場合には Mac OSの場合 システム環境設定から キーボード 入力ソースと進んで 「\」が表示されるように 変更してください Windows環境の場合には 「¥」のままでも大丈夫です このようなコードを実行すると 「abc」とだけ書かれた文字列を 表示している時と違って 一行空白が多く 含まれているのがわかると思います これは「 」が改行を意味する 特別な文字列であることを示しています これが一つ目の前提知識です もう一つは文字コードについてです Mac OSやLINAX インターネット環境では Unicodeの一つであるUTF-8が 文字コードとして広く使われています このレッスンでも この文字コードを使っていきます Windowsでは システムのデフォルトの文字コードが UTF-8ではないので注意してください それでは「open」関数を使って ファイルを扱っていきます 「open」関数の一つ目は ファイルの名前です 今は  書き込むためのファイルを用意するので 何か適当なファイル名をつけてください modeに 「W」を指定すると ファイルを書き込みモードで開きます もしすでに ここで指定した 「temp.txt」というファイルが 存在する場合には 一度上書きされて もとある内容が消されてしまいますので 注意してください ファイルに書き込むときの 文字コードを指定します 名はUTF-8を指定します こうすることで 「temp.txt」という名前の ファイルを書き込みモードで 開くことができました ファイルには 「write」という メソッドを使って書き込みます 「test」という文字列を書き込みたい時は そのまま書けば良いですが ここで「改行コード」を指定しておくと 「test」と書き込まれた後に改行されます 「write」メソッドが 5文字書き込んだことを示しています 「test」が4文字で改行コードが1文字分です 文字コードにUTF-8を指定したので 日本語を書き込むこともできます 最後に  改行コードも書き込んでおきましょう 「あいうえお」の5文字と 改行コードで6文字分です ファイルへの書き込みが終わったら 開いたファイルを閉じる必要があります それには「close」メソッドを呼び出します 引数はありません これでファイルへの書き込みが完了しました 実際にファイルに書き込まれたかどうかを 確認してみましょう IPython notebookでは OSの種類から実行できるコマンドを IPython notebookの 種類から実行できます そのためには「!」を書いて OSの種類にコマンドを書きます こうすることで 書き込んだファイルの中身を 見ることができます IPython notebookを 使っていない場合や Windows環境の方は テキストエディタを使って 中身を確認してみてください このレッスンでは テキストデータを ファイルに書き込む方法を紹介しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。