Python 基本講座

クラスの継承

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
継承を使って新しいデータ型を作る方法を説明します。
講師:
02:47

字幕

このレッスンでは継承を使って 新しいデータ型を作る方法を 紹介します 新しいデータ型を作るには 新しい「class」を設計すれば それを実現できましたが 今まず「MyData」という名前の データ型を作ってみます 「MyData」は初期化メソッドで 引数を一つとって 「get_name」メソッドが 呼ばれるとそれを返します この「MyData」を基にした 別のデータ型を作ってみます 名前は「MyBigData」とでも しておきましょう ここで使われるのが継承という機能です あるデータ型を継承して 別のデータ型を作る場合 「class」の定義分で「MyBigData」などと 新しいデータ型の名前を書いた後に 「(」で元になるデータ型の名前を書きます ここに新たなデータ型の機能を追加しますが 今は「pass」と書いて そのまま名前だけを変更した形に してみましょう 「MyBigData」のインスタンスを作ろうとして 初期化メソッドに引数を与えないと エラーになります これは「MyBigData」の 元になっている 「MyData」の初期化メソッドが一つ 引数を必要としているからです 「MyBigData」の初期化メソッドに 一つ文字列を与えるとこのように 「MyBigData」のインスタンスを 作る事に成功しています このレッスンでは 新しいデータ型を作る時に 別のデータ型の機能を継承して作る方法を 紹介しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。