Python 基本講座

ファイルやディレクトリのパス

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ファイルやディレクトリのパスをプログラムで扱う方法を説明します。
講師:
05:21

字幕

このレッスンでは ファイルやディレクトリのパスを プログラムで扱う方法を 紹介します ファイルやディレクトリのパスは OSによって 異なることがありますので Pythonで これらを扱う場合には 「os」モジュールの下に 「path」というモジュールがあるので これをインポートします あとで「os」モジュール自体も使うので こちらもインポートしておきましょう このように 階層的になっているモジュールも それぞれインポートする必要があります 「os」の「getcwd」 「Current Working Directory」という メソッドを呼び出すと 今現在 このPythonインタラクティブシェルが 起動しているディレクトリが得られます このディレクトリに 何らかのファイルを作りたい と思った時に そのファイルパスを 絶対パスにしたいとしましょう その時は「os.path」モジュールの中の 「join」というメソッドが使えます 「join」は繋げるという意味なので ここで 今のディレクトリと 例えば 「my_file」とでもしておきましょう 今のディレクトリと ファイル名を繋げると 絶対パスは このように表示されます これは Windows環境では 違った文字列になりますが 入力するコードは同じです ちなみに 今のコードは 「os.path」の 「abspath」というメソッドの引数に ファイル名だけを与える のと同じです 「os.path」モジュールには この他にも いくつかの機能があります 例えば 引数にとったパスが ディレクトリかどうかは 「isdir」で知ることができます 今いるディレクトリですので これはもちろん「True」が返ります この他にも そのパスが 存在するかどうかは このようなメソッドで知ることができますが もちろん 「my_file」は まだ作っていませんので 存在していません 簡単に 「my_file」に書き込んでみましょう ファイルに書き込むには 「open」メソッドを使います 「p」には これから書き込むファイルの パスが入っているので これを1つ目の引数にします 書き込みのモードは 「w」です 「f」に 「test」と4文字書き込みます こうすると ファイルが書き込まれて 存在しているので 「os.path.exists」は 「True」を返します 「getsize」というメソッドもありまして これはファイルのサイズを バイト単位で返してくれます 今4文字 半角英数字で書き込んだので 「4」バイトという数字が 返ってくるわけです このレッスンでは ファイルやディレクトリのパスを プログラムで扱う方法を 説明しました

Python 基本講座

Pythonはシンプルな文法や豊富な標準ライブラリが特徴なので、誰でも手軽にプログラミングを始められます。このコースはでPythonの説明からプログラミングのための基本的な事柄などについて説明します。Pythonにはライブラリと呼ばれるプログラムを作るときに使える便利な部品もたくさん含まれているので、これらの使い方も具体例を挙げながら紹介します。

5時間04分 (62 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
講師:
発売日:2015年08月11日
再生時間:5時間04分 (62 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。