CSS3によるタイポグラフィ

-prefix-freeを使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
-prefix-freeは、CSSの記述にベンダープレフィックスをつけなくても、必要な項目に自動的に付加してくれるツールです。
講師:
06:48

字幕

このレッスンでは CSS のプロパティや関数などに ベンダープレフィックスを いちいち付けなくても済む 便利なツールをご紹介します -prefix-free というツールです その設定の仕方について ご説明します -prefix-free というのは JavaScript ファイルです けれど ユーザーがいちいち JavaScript コードを書く必要がありません 単に -prefix-free を 読み込んでおけば CSS についてベンダープレフィックスを 書く必要がありません この -prefix-free が自動的に 必要な項目について ベンダープレフィックスを付けてくれます とても便利なツールです ベンダープレフィックスを省いてくれる -prefix-free -prefix-free のサイトは Google で「 prefixfree 」と 入力して検索すればすぐに見つかります 「 github 」のサイトを選んでください 「 leaverou.github.io/prefixfree 」 これがそのサイトです そして左上に「 download 」の ボタンがあります 環境によってはクリックすれば ダウンロードできるのですが 場合によっては クリックすると そのライブラリを 開いてしまうことがあります そういう場合には クリックではなく 右クリックで 「リンク先のファイルをダウンロード」を 選べばよいでしょう 「 prefixfree.min.js 」ファイルが ダウンロードされますので それを JavaScript ファイルを 入れるフォルダを決めて そこに納めてください このレッスンでは「 lib 」と言う フォルダに納めてあります Dreamweaver CC で html ドキュメントを開きました ここに 先ほどダウンロードした -prefix-free を読み込みます 読み込みは

ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。