Illustrator CC 2015 入門

オブジェクトって何?

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Illustratorで描画をする時の基本、オブジェクトについて解説します。幾つか例外はありますが、ひとつのオブジェクトには塗りと線と不透明度という要素があります。
講師:
03:29

字幕

このレッスンでは Illustrator で 描画をする時の基本 オブジェクトについて解説します 幾つか例外はありますが 1つのオブジェクトには 塗り・セット・不透明度 という要素があります では説明していきます オブジェクトというと 例えば長方形というものがあります それから図形 あとはイラスト・文字 それから張り込みをされたリンク画像 埋め込みをされた画像ファイル と様々なオブジェクトがあります 基本になるのは この「パス」です どこでオブジェクトを確認するかというと まずここです この左上の部分 「 Ai 」のロゴの下の部分です 今「選択なし」になっています これを選択すると 「パス」と表示されます 図形でもイラストでも このように 「パス」もしくは「複合パス」 というふうに表示されます それから長方形はパスはパスですけれど ちょっと変わっていて 「長方形」という要素を持っています それからこっちです 下が後ろ側にあるもの これが「リンクファイル」というものです ✕点がついてますね 「リンクファイル」 これは外部の または別のファイルをここで 張り込んであるものです それからこちらです 画像ファイル 画像の埋め込みファイルです ここが「画像」になっています この要素は「アピアランス」パネル でも確認することができます これですね「アピアランス」パネル ここにあります 「アピアランス」パネルは オブジェクトの「塗り」 それから「不透明度」「線」を 管理するためのパネルです ここにあります 今「選択なし」になっていますけれど 例えばこの赤いピンク色の星の図形 これを選択すると「パス」になっています 線は緑で 4 pt 「塗り」にピンク「不透明度」 それぞれこのオブジェクト全体の不透明度と 「塗り」と「線」にも 「不透明度」をそれぞれ 設定することができます それから「テキスト」です テキスト 文字の要素です 文字の要素は「テキスト」という テキストオブジェクトというものになります こんな感じですね 「アピアランス」にも 「テキスト」と書いてあります それからこっちも 「テキスト」になっています 「テキスト」「文字」というふうに 「アピアランス」では表示されます テキストオブジェクトも 「塗り」と「線」を持っていますけれど それぞれ文字が持っているので この中に こういうふうに表示されることになります 「不透明度」も もちろんあります こんなふうに Illustrator では オブジェクト 1つの単位をオブジェクト というふうに呼んで管理しています 様々なオブジェクトが Illustrator では存在しています 「リンクファイル」 それから埋め込まれた 「画像」オブジェクト この2つのオブジェクトについては 「不透明度」はありますけれど 「塗り」と「線」に関しての 要素はありません このレッスンでは Illustrator で 描画をする時の基本― オブジェクトについて 解説しました

Illustrator CC 2015 入門

Illustrator CC 2015はデザインやイラスト制作、図版制作やインフォグラフィックなどさまざまな分野で使われているベクターグラフィックソフトです。このコースではIllustratorのもっとも基本的な機能である図形ツールや描画ツールについて、また文字入力の方法や簡単なイラストの作成方法などについても初心者でもわかるように解説します。

2時間58分 (40 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年08月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。