Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

コンプ処理とノイズ対策

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Speech Volume Leveler」などコンプレッサー系の処理で持ち上がるノイズは、適切な順番で処理すればかなり抑えることが可能です。
講師:
05:58

字幕

では次はこんな素材を聞いてみましょう (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 この素材 特に問題ないように感じますけど この内容自体が言っているように 実はノイズが隠れています ぱっと見てこの素材が問題あるとすれば 録音レベルが低い 音が小さい そして音量にバラつきがある ということですね こういうのを解消するためには 例えば 「振幅と圧縮」の 「Speech Volume Leveler」 こんなのを使います これは所謂コンプレッサー的な働きで 信号を持ち上げてくれて この音量差を整えてくれる というものです では 「弱」で結構ですので これを適用してみます すると もうスピーチのボリュームは 持ち上げてくれて なかなか良いな という所なのですが ここで問題が露呈します 再生してみましょう (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 全体が持ち上げると 確かにノイズが目立ってきましたね そうなってくると ここでノイズの処理を しようと思うかもしれませんが 聞いて頂くと (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 ノイズのボリュームは結構バラバラです 本来割と一定なボリュームの ノイズなのですが コンプの最後で持ち上げたり あとは音が大きくなったら 抑えたりとかしているので ボリュームが変動するので 一定の時よりは 取り除きにくい ノイズになってしまっています なのでこれのノイズを取り除くとすれば この段階です 処理前は見えないぐらいですが ノイズは一定のレベルで入っています なのでこの段階でとってあげれば もっと理想的なノイズの処理ができます では実際にやってみましょう この段階で 「ノイズリダクション」を起動して デフォルトにします そして何もないような感じですが ここの所 「ノイズプリントをキャプチャ」 してあげて そして全体の音を聞いてみると (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 聞いて頂くと ノイズがいっぱい入っているソースだと この時点でだいぶ メインの声も変わってしまうのですが ノイズ自体がかなりまだ微弱なので 影響を与えることなく 取り除くのが可能になっています なので「削減値」を 思い切って上げましょう もう例えばファンのノイズが ブオーと鳴っている時なんかに こんな設定にしたら 大変な音質変化してしまいますけど こういう静かな所なら (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 かなりわからないですね ではこれで適用してみましょう 見た目ではわかりにくいですが ここに「Speech Volume Leveler」 をかけます 同じ「弱」の設定で適用します さあ聞いてみましょう (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 確かにこういう所は ノイズがなくなりました ただ聞いていると (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 こういう言葉の切れぎわですね (再生音) こういう所でノイズがフェードアウト していくような効果になってしまいました まだこういう所のほうが 持ち上げた幅が大きいので ちょっとだけ残っていたノイズが 復活してきてしまって聞こえています なのでここに対策をしましょう では全体を選択して 「エフェクト」の 「振幅と圧縮」の 「Dynamics Processing」 これを起動します そして「プリセット」から 「コンパンダー」というのを選びます さあこれで聞いてみると (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 どうでしょう わからなくなりましたね (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 コンパンダ―というエフェクト では適用しましょう この何もない所では レベルをぐっと下げてくれる そしてノイズを抑えるような 働きがあるので もっとノイズがあると 不自然になってしまうのですが かなりノイズを徹底的に抑えているので (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 このような形で大変ノイズもないですし レベルも上がった 良い録音状態になりました (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 どうしても専用のスタジオとか とても高価な専用の機器じゃないと 多少ノイズが入ってしまう ということはあるのですけど そういうのも手順を間違えずに こうした手順でノイズ処理をしてから 持ち上げて更に最終仕上げと プロセスを踏んでいけば かなり綺麗に (再生音)「一聴してノイズがわからなくとも コンプなどの処理でー ノイズが目立ってくることがあります」 仕上げることが可能です

Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

ビデオカメラで録画したビデオの音声やICレコーダーで録音した音声にさまざまなノイズが入ってしまった経験は誰にでもあると思います。それらの多くはAuditionの機能を使うと綺麗に修復できるものです。このコースではそのようないろいろな種類のノイズ除去のテクニックを解説します。

2時間46分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。